カンブリア宮殿【残業減らして残業代のSCSKと子連れ出勤のソウエクスペリエンス】

カンブリア宮殿【残業減らして残業代のSCSKと子連れ出勤のソウエクスペリエンス】

残業の問題や長時間労働の問題は後を絶ちません。
少子高齢化が加速しているこれからの日本では考え方を根本から変えないとさらに問題が悪化するのかもしれません。

そんな中、

  • 残業を減らして残業代
  • 子連れ出勤OK

といった働き方に革命を起こし、業績も上げている会社がカンブリア宮殿で紹介されました。

Contents

  • 1 あなたは月にどれくらい残業していますか?
  • 2 あなたの会社は自分の子供を入れたい会社ですか?
  • 3 SCSK・残業減らせば残業代
    • 3.1 それは一通の手紙から始まった
  • 4 SCSK相談役・中井戸信英さん
    • 4.1 残業半減運動
    • 4.2 残業時間と営業利益の推移
  • 5 従業員を大切にする会社・SCSK
  • 6 ソウ・エクスペリエンスは子連れ出勤OK
    • 6.1 子連れ出勤のきっかけ
  • 7 まとめ

あなたは月にどれくらい残業していますか?

街角で「残業は月にどれくらいしていますか?」と尋ねると

  • 40〜50時間くらい
  • 多くて30〜40時間
  • 多いと月に100時間

と、バラバラではありますが、やっぱり多かれ少なかれ残業はしている模様。

先輩が一生懸命やってたら自分もやらなきゃいけない。
忙しい時は7〜8時間残業してもらっているという経営者の方も。

このことは今に始まったことではなく、
おばあちゃんの原宿と言われる巣鴨地蔵通商店街で高齢の方に同じ質問をすると

  • 昔は残業するのが当たり前だと思っていた
  • 繁忙期は朝5時に帰ってきて朝7時に出る
  • 早く帰ろうとすると同僚からボロクソ言われた

と衝撃の答えが…

ただ、みなさん、
退職をしてみると「やっぱり家庭を大事にすればよかった」と考えているようです^^;

あなたの会社は自分の子供を入れたい会社ですか?

カンブリア宮殿【残業減らして残業代のSCSKと子連れ出勤のソウエクスペリエンス】

過労死認定の目安は残業80時間超ですが、
その、残業月80時間を超える業種の1位に情報通信が挙げられていました。

カンブリア宮殿では、23歳で念願のシステムエンジニアについた西垣和哉さんが紹介されました。
しかし、その4年後の2006年に過労死によって人生を終えたとのこと。

西垣さんはトラブルが命取りとなる仕事をしていたため、
過酷な労働が続いていたそうで、
終業時間は32:30。つまり翌朝の8:30まで働いていたこともあったそうです。
37時間連続勤務ということも。

「あと一人、今の仕事に人員を入れて欲しい」
これは西垣さんが書いていたブログの最後の叫び…

この2日後に治療薬を大量に服用して帰らぬ人になったということ。

僕の周りにもシステムエンジニアの方がいますが
みんな、かなり疲れてる印象ですね。
やっぱりみんなが集まる時でも一人だけ来られないということが多いですし、年賀状を出しても返ってくるのが成人式以降(出すことをやめましたが)。

西垣さんのお母さんも言っていましたが、健康でいてくれるということだけが親の願いなんですよね。

命あっての人生。

精神的に病んでしまって判断が難しくなってしまう前に
転職を考えることを強くオススメします。

カンブリア宮殿【残業減らして残業代のSCSKと子連れ出勤のソウエクスペリエンス】
⇒詳しくはこちらへ

日本の評価の尺度はどんな成果を上げたかではなく、どれくらい頑張ったかとなっていて
今でもそれが美徳として文化として続いているのが最大の問題だと、村上龍さんは言います。

SCSK・残業減らせば残業代

カンブリア宮殿【残業減らして残業代のSCSKと子連れ出勤のソウエクスペリエンス】

情報システム会社勤務の五月女さんは金曜日の午後3時に帰宅。
夕方の5時前ですが、週1回の早帰りの日だということ。
夕食前にお子さんの宿題を見ることも可能。

2000年頃は9時に出社して午前1時に退社していたということですが、今は18:30には一家団欒で夕食。

同じ会社にいるとは思えないと奥さんは驚きます。

驚きなのはこれが同じ会社だということ。
ではどうして同じ会社にいながら残業のない働き方が可能になったのでしょうか?

それは一通の手紙から始まった

「役職員ご家族の皆様へ」
と題された手紙には
「一流企業となるためには家庭生活を充実させることが大切」
「職員の皆さんが健康であり続けるために最大限の支援をします」
と書かれています。

その会社の名前はSCSK。
従業員1万人以上、情報システム会業界第5位の会社。

SCSK相談役・中井戸信英さん

中井戸信英さんは働き方の変革者としていま注目の経営者ということ。

一流の会社は従業員を犠牲し、ブラック企業と言われて
残業をめちゃくちゃやらせる。
でも、それで利益を出しても一流とは言わない
と中井戸信英さんは言います。

「自分の子供たちを就職させたい」
「いい会社に勤めてるらしいね」
と言われ、それでいて成果も出せる会社、
そのためにはなんなのか?それはやっぱり働き方だということ。

残業半減運動

2011年にSCSK社長に就任した中井戸信英さんですが、
社員を激励するために中を見て回ったところ、
月に80時間以上も残業し会社に寝泊まりしている人もいるということを知ります。
これでまともな仕事ができるのか?

そこで取り組んだのが残業半減運動。

残業しない日を申告させました。
仕事を振ろうと思ってもこの札が出て入れば仕事を振りにくいという状況を作ります。
カンブリア宮殿【残業減らして残業代のSCSKと子連れ出勤のソウエクスペリエンス】

会議は立って1時間。

さらに
残業を減らして報奨金がもらえる!

残業を減らした分、報奨金としてボーナスが12万円!
12万円ですよ、12万円!

残業時間と営業利益の推移

ウンウン、残業が減ったのは成功だったね、
でも利益はどうなの?
って思いますよね。

こちらをご覧ください。
カンブリア宮殿【残業減らして残業代のSCSKと子連れ出勤のソウエクスペリエンス】

残業は減っているのに利益は増えているのです!
6期連続右肩上がりです。

従業員を大切にする会社・SCSK

SCSKの始業時間は午前9時。
出社後にまず万歩計を記録。

  • お酒を飲まない(休肝日週2日以上)
  • 1日2回以上、歯を磨く(就寝前は必須)
  • 朝食をとる
  • タバコを吸わない

このような会社が定める健康チェックに答えていきます。

これは健康わくわくマイレージと言って社員の健康を管理するシステムで健康基準を満たせばポイントがもらえるということです。

このポイントでボーナス時に10万円支給される社員もいるようです。

10万円ですよ、10万円!
健康でポイントを貯めて10万円…

ソウ・エクスペリエンスは子連れ出勤OK

カンブリア宮殿【残業減らして残業代のSCSKと子連れ出勤のソウエクスペリエンス】
体験ギフトを企画販売するベンチャー企業のソウエクスペリエンス(社長・西村琢さん)は子連れ出勤や副業OKなどユニークな働き方で注目されているようです。

子連れ出勤は社員パートに関わらずOKだそうです。

子供を面倒見ながら働けて保育所の費用もかからないんです。

親が手を離せない時にはお客様サポートの方が自分の子供以外の子供のおむつ替えも。

集中したい時には子供禁制の部屋も。

子連れ出勤にはメリットも多く、子供たちから気づきを得ることもあるとか。

子連れ出勤のきっかけ

西村琢社長は、社員がまだ10人くらいだった時はそのうち1人でもかけると大きく、できれば出産しても仕事から抜けないということができれば助かると思っていたそうです。

そこで本人が嫌でなければ子供を連れてきていいと伝えたところ、
本人もすごく助かると言ってくれたそうです。

まとめ

保育所の問題は昨年もさんざん話題になりましたが、困っている方はまだまだたくさんいると感じています。
ソウエクスペリエンスのように、社員の方が安心して働ける環境を作ってあげることによって様々なメリットが生まれることを、もっと多くの会社が知ってもらえるといいなと思いました。

残業代を減らせば報酬を出し、健康基準を満たせばポイントがもらえるなど発想だけなら「キレイゴトだろ?」とバカにする人も多いかもしれませんが、
SCSKはこういった残業代を減らしたり社員の健康管理をすることによって実際に利益を上げているということがすごいんですよね。
色々な人が笑顔になるシステムだな〜と感心しました。
僕のシステムエンジニアの友達の会社にもこのシステムが採用されることを願います!