個人輸入精力剤を購入する上での注意点

精力剤を個人輸入する際には事前チェック

海外で製造販売されているED治療薬精力剤などを、簡単にリーズナブルな価格で入手することができる個人輸入代行業者は、日本語で手続きが可能で大手クレジットカードも利用できてとても便利ですが、利用する際には気をつけなければならない事柄があり、ルールを守らないと法律違反になってしまいます。

個人輸入で入手した精力剤や医薬品は自分自身が利用する目的でだけしか使うことができず、他の人に譲ったり売ったりすることは許されていません。販売する目的で精力剤や医薬品などを輸入をする場合には薬事法に基づいて厚生労働大臣や都道府県知事の許可が必要になりますので、個人輸入した精力剤や医薬品をうっかり友人に譲渡したり転売をしたりして法を破らないように気をつけたいものです。

また税関の確認だけで特例として個人輸入ができる範囲は、毒薬や劇薬、処方箋薬は自分が使用する量の1か月分、そのほかの精力剤や医薬品は使用量の2か月分、外用薬は1品目について24個以内などと明確に決められているので、それ以上の量を個人輸入することはできません。

個人輸入代行業務をしている業者はあくまで依頼された精力剤や医薬品を輸入する仲買を行っているだけで、それらの販売をしているわけでありません。ですから個人輸入した精力剤や医薬品の副作用などについての責任は無く、利益を上げるために特定の商品の広告や宣伝も行ってはいけない決まりになっています。