車査定をメールのみでしたい

車査定をメールのみでしたい【中古車査定サイトで一括見積もり!】

車を高く売るんだったら1社への査定よりも複数社に一括査定できる中古車査定サイトを使うのがいいっていうけど、やっぱり電話がガンガンかかってくるんでしょ?とお悩みの方へ。

その気持ちわかります。
実は僕も勢いで中古車査定サイトを利用したら電話が鳴りまくってびっくりしましたからね。

でも、中古車査定サイトを利用した車査定はメリットが大きいから利用することをオススメしますし、今はメールのみでの車査定も可能なんです。

ここではメールのみの車査定を可能にする方法とオススメの中古車査定サイトについてご紹介しますね!

Contents

  • 1 車査定はメールのみで可能?
  • 2 車査定をメールのみで行う方法
  • 3 【高く売りたい!】おすすめの中古車査定サイト
    • 3.1 【1位】カーセンサー
    • 3.2 【2位】かんたん車査定ガイド
    • 3.3 【3位】ズバット車買取比較
  • 4 それでも電話がかかってくるときの考え方
    • 4.1 高く売るためには必要なことと考える
    • 4.2 車を売ることなんて一生のうち何回もない
    • 4.3 ぶっちゃけ電話を取らなければメールで連絡がくる
  • 5 まとめ

車査定はメールのみで可能?

はっきり言って車査定は便利です。
車を売りたいという友達にはおすすめしまくっています。
だって今までだったら自分で車を運転して買取店を回らなければいけなかったのがスマホがあれば24時間いつでもどこでも一括査定できますからね。

僕が友達にオススメする車査定のメリットはこんな感じです。
・自分で車を運転しなくて済む
・ガソリン代がかからない
・パソコンかスマホがあればいつでもどこでも申し込める
・複数社の見積もりを比較できる
・結果的に1社のみで査定するより高く売れる

でもですね、僕も何回か経験あるのですが、
車査定って申し込みした途端に電話が鳴りまくるんですよね^^;
もちろん営業時間外は電話してきませんが、営業している時間ですと電話攻撃がめっちゃうざい(´・ω・`).

でもですね、実は車査定をメールのみで可能にする方法があるんです!

車査定をメールのみで行う方法

メールのみで車査定が可能なのはリクルート社が運営しているカーセンサーになります。
大手だしCMでもおなじみですよね^^

1)まずはこちらをクリックしてください。
>>カーセンサーの公式サイト

2)「一括査定を申し込む」ボタンをクリックします。
車査定をメールのみでしたい【中古車査定サイトで一括見積もり!】

2)車の情報を入力後、「お客様情報の入力」画面で「任意項目:売却希望時期などを入力」をクリックします。
車査定をメールのみでしたい【中古車査定サイトで一括見積もり!】

3)ここの連絡希望時間帯に「メールでの連絡を希望します」などと書いておきます。
車査定をメールのみでしたい【中古車査定サイトで一括見積もり!】

あとは手順に従って申し込むだけ。
これだけで車査定をメールのみで行える可能性がグッと高くなりますよ!

【高く売りたい!】おすすめの中古車査定サイト

【1位】カーセンサー

車査定をメールのみでしたい【中古車査定サイトで一括見積もり!】
メールでの車査定が可能という意味でも大手のサービスで安心して利用できるという意味でもカーセンサーが一番オススメです!

詳細はこちら

【2位】かんたん車査定ガイド

車査定をメールのみでしたい【中古車査定サイトで一括見積もり!】
定型業者はガリバーやアップル、カーセブンやビッグモーターなど有名どころがたくさん。

詳細はこちら

【3位】ズバット車買取比較

車査定をメールのみでしたい【中古車査定サイトで一括見積もり!】
提携している業者が多いので事故車や不人気車、痛車などを売りたいという場合にもオススメです。

詳細はこちら

それでも電話がかかってくるときの考え方

高く売るためには必要なことと考える

僕も電話攻撃に嫌な思いをした経験があるのですが、一番したいことは「高く売ること」なので、高く売れる確率が高くなるなら電話がガンガン鳴ってもいいかな…って考えるようになりましたね。

車を売ることなんて一生のうち何回もない

「高く売るためなら電話がガンガン鳴ってもいい」って思えるようになったのは車を売ることなんてあと何回経験するかわからないよなって気づいたことです。
何回も経験するんだったらうんざりですけど、そんなにしょっちゅう乗り換えるわけでもないしって思うようになりました。

ぶっちゃけ電話を取らなければメールで連絡がくる

電話攻撃への対処法ですが、電話を取らなければメールで連絡してくれる業者が多いです。
そしてメールの方が落ち着いて比較できるのでオススメです。
ただ、絶対数的に言っても高く売れる確率を上げたいのでしたら、電話にも出られるといいのかもしれませんね。

まとめ

中古車査定サイトは一括で車査定ができて便利な一方で電話が鳴り続けるのが嫌だといったことに悩んでなかなか申し込みできない方もいるようですね。
特に押しに弱い方や女性の方などは不安に思うことが多いと思います。
でも実際に中古車査定サイトを利用してみるとメリットがあまりにも大きいですし、僕のように友達にオススメする理由もわかってもらえると思います。
今回ご紹介した方法でメールのみの一括査定は可能ですのでぜひ試してみてくださいね!
>>カーセンサーで一括査定する<<

デンマークの家具デザイナーが考案した

ライフハッカー[日本版]の兄弟メディア「ROOMIE」では、アイデアが光る便利なアイテムを紹介しています。転載してお届けいたします。

あぁ、電源コードの煩わしさよ。全てをワイヤレスにしたいが、そうもいかない。

個人で使うワークデスクは電源につないだコードを、止めたり隠したり見せないよう工夫されたものが多くある。家で使うダイニングテーブルだってPCを使ったり電化製品を使うのだから、そういうアイテムがあっていいと思う。

こちらはデンマークを拠点にする家具デザイナー・Martin Solemさんが製作した「Solem Table」。

一見シンプルなテーブルに見えるが、脚の部分を見ると、工夫がされているのが分かる。

 

合板を曲げる研究をし実現したこの脚。Uの字に曲げて尚且つこの細さ……! DIYでは到底できそうもない。

 

ここにコードを通せばすっきりと使えるので、ホットプレート使用時に「コード気をつけて!」とピリピリする必要なし。

オフィスやレストランはもちろん電源タップつきのテーブルがあるだろうが(スタバだってそうだ)、家でだってこういう工夫は欲しいのだ。でもOA家具みたいなのはちょっと……。デザインは妥協したくないという人には、待ってました! となる家具かもしれない。

革新的なものづくりをしたいというMartin Solemさんの美しいテーブル。北欧らしい清潔感ある家具はやはり見ていて清々しい。

 

 

普段使いの家具も、少しアイディアを加えるだけで、もっと便利になるに違いない。

「ROOMIE」ではほかにもアイデアが光る便利グッズを紹介しておりますので、ぜひこちらからご覧ください。

デンマークの家具デザイナーが考案した、コードがすっきり収まるテーブル | ROOMIE(ルーミー)

 

生命保険を見直すために知っておくべきポイント3つ

 

 

こんにちは。家計再生コンサルタントの横山光昭です。

みなさんは生命保険に関心はありますか? 若い世代の人、健康に自信のある人は、気にしたことがないかもしれません。一方、生命保険に入りたいという人は、自分に万が一のことがあった時に、支えきれないかもしれないさまざまな責任をカバーしたいと、真剣に考えているしっかりした人ではないでしょうか。

生命保険の仕組みを理解することは、いざというときの準備にもつながるので、知って損はないはずです。そこで、生命保険の基礎知識と、加入している人が改めて考えるべきポイントをご紹介します。

 

横山光昭(よこやま・みつあき)

マイエフピー代表取締役、家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。お金の使い方そのものを改善する独自のプログラムで、これまで1万人以上の赤字家計を再生。書籍・雑誌の執筆や講演も多く手掛け、「はじめての人のための3000円投資生活」は40万部を超え、著書累計は205万部。公式サイト

 

生命保険の種類を知っていますか?

そもそも生命保険とはどんなものでしょうか? 生命保険というと「死亡したときの保障」と捉える人が多くいますが、基本的には、「物」を対象とした保険が”損害保険”であり、「人」に関わる保障を”生命保険”として括ります。死亡保障のほかに、生きているときのリスクをヘッジする医療保障、老後資金や子どもの教育費などに備える貯蓄性という役割があります。つまり、生命保険は「死亡」「医療」「貯蓄」という大きく分けて3つの機能があることをまず把握してください。

しかし、この3つの機能は全部必要でしょうか? 必要な人もいるかもしれませんが、多くの場合、そうではないはずです。大切なのはあなたにとって、どのような保障が必要なのかを理解して、優先順位を考えることです。その順番は「医療」「死亡」「貯蓄」の順番です。

そもそも論ですが、保険は基本的に損な賭けのようなものです。せっかく加入しても、病気にならなければ「入らなくてよかった」と思ってしまうからです。ですが、健康に自信のある人は生命保険に入るなというわけではありません。自分にとって何が必要で、自分の力だけではカバーできないところを見極めて生命保険と付き合ってほしいということです。

 

どのような保険を選べばいいのか?

基本的に、老後資金など預貯金など貯金があれば生命保険は不要かもしれません。ご存じのとおり、日本には高額療養費制度があります。健康保険が適応される医療費であれば、どんなに高額であっても自己負担の上限を超える金額が補てんされます。ただし、健康保険適用外の場合はこの制度が使えません。ですから、自由診療など健康保険適用外の治療が多いと言われている「がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中」の三大疾病を保障する生命保険は考えておくべきでしょう。

また、独身であれば、医療保障だけでいいかもしれません。なぜなら、もし亡くなっても経済的に困る妻や子どもがいないため、死亡保障は基本的に必要性が低いでわけです。

死亡保障は、結婚して子どもが生まれた時に検討しましょう。貯金ではなかなかカバーができない遺族の生活を保障するためには、収入保障という定期保険をアレンジしたような保険商品もおすすめです。

貯蓄性の保険は、以前から加入している商品などがあれば、非常に有利な保険商品かもしれません。しかし、貯蓄性のある生命保険をはじめることで、ほかの貯める手立てに制限がかかるのでは、本末転倒になりかねません。投資なども含めて柔軟に老後に向けた準備をする手立てを優先するようにしてください。

 

家計の負担になっている生命保険は、よい商品とは言えない

どんなに良い生命保険でも、その商品の掛金が家計に負担になるのなら、いい商品とは言えません。では、家計における保険料の割合はどのくらいが良いのでしょうか。

独身なら3%(医療保障のみ)、子どもがいるご夫婦なら5%(医療保障、死亡保障)が1つの目安です。これをメドに、収入に占める割合をチェックしてみてください。

たとえば、独身で手取り収入が22万円の人は、6600円を超えない範囲が目安。超えていたら備えすぎかもしれません。ちなみに、30歳(男性)の入院保障は、ある商品で試算をすると日額5000円の保障で掛け金は月々2000円前後。がん保険を試算すると月々2500円ほどなので、両方に加入しても月々4500円くらいです。

子どもがいるご夫婦であれば、そこに死亡保障を加えます。収入保障の商品で考えると、毎月15万円の保険金が出て、60歳までカバーする内容であれば、30歳の夫の場合の掛け金は月々5000円程度です。

基本的な目安としては、これで良いのではないかと考えています。

では、どのように見直していくべきか? 生命保険の見直しは、早めに行っておきましょう。本音を言うと40代がラストチャンスなのです。高齢に近づいてから慌てて入ろうと思っても、保険料が高い場合もあり、そもそも体調が芳しくないとか、検診で引っかかってしまった、病気になってしまうと、加入すること自体が難しくなり、また、そうなってからでは遅すぎるのです。

最後にお願いです。すぐに生命保険に加入しなくても構いません。検討するだけは、今後の自分のためにしておきましょう。うまく生命保険と向き合っていってください。

 

社会問題解決のために利益を追求する企業が語る

 

 

BIZREACHが運営するウェブメディア「BIZREACH FRONTIER」では、FinTech、VR/AR、人工知能など、最先端の分野にチャレンジし、いま、ではなく未来、「次の時代の当たり前」になるサービスや技術を作らんとする日本の企業を紹介しています。

ライフハッカー[日本版]では、毎週その中から1本の記事をセレクト。前人未踏の領域へとチャレンジする日本企業をご紹介していきます。

 

今そこにある社会問題を解決する、ソーシャルビジネスの可能性

 

 

鈴木雅剛代表取締役副社長

 

バングラデシュの実業家ムハマド・ユヌスは、1983年にグラミン銀行を創設。マイクロクレジットと呼ばれる、貧困層を対象とした低金利の無担保融資によって地域の貧困問題を改善し、2006年にノーベル平和賞を受賞した。以来、社会的な利益追求や問題解決を目的とする「ソーシャルビジネス」が、世界的な広がりを見せている。

こうしたなか、新しくソーシャルビジネスを起こそうとする人に、創業時に最大3000万円の投資をする社会起業家創出プログラム「SEED(Social Entrepreneur’s Endless Dreams)」を立ちあげ、大きな注目を集めているのが株式会社ボーダレス・ジャパンだ。

この制度は、同社がプラットフォームとなり、ソーシャルビジネスを立ち上げようという社会起業家に投資を実施。創業資金やその後の投資はもとより、成功に不可欠なマーケティングやマネジメントについても同社が全面的にバックアップし、最短で新しいソーシャルビジネスを立ち上げていこうというものだ。

ビジネス経験のある実力者と認められれば、すぐに創業資金が提供され、会社を設立、事業を開始できる。社会問題解決の強い意志はあるもののビジネス経験が乏しい者は既存事業で経験を積んだ後、自ら事業を立ち上げるという選択肢もとることができるプログラムになっている。同社の創業メンバーである鈴木雅剛代表取締役副社長は、「SEED」について次のように語る。

「現在、バングラデシュの貧困層に雇用を生み出す革工場や、ミャンマーでのオーガニック農業など、国内外で10のソーシャルビジネス事業を展開しています。しかし、会社設立からここに至るまでに、およそ10年という時間がかかりました。

一方で社会問題の解決は、当事者にとっては一刻の猶予もない課題です。そこで、私たちがこれまで蓄積してきたビジネスのノウハウと、必要な事業資金を提供することで、新しいソーシャルビジネスをよりスピーディーに創出し、最短で問題解決を図ることがSEEDの目的です」

また鈴木氏は、これまでの取り組みの経験から、どんなに能力のあるビジネスパーソンでも、一生のうちに創出できる事業の数は、20か30にすぎないと指摘。その一方で、世界の社会問題は数えきれないほどある。

それらを可能なかぎり解決するためには、社会起業家の数を1人でも多く増やし、異なる種類のビジネスをより多く立ち上げ、拡大することが必要だ。そして、それを実現する手段の1つが「SEED」であると強調する。

 

最大の目的は大きな「ソーシャルインパクト」を生み出すこと

ソーシャルビジネスは、新しいビジネス概念であり、その定義や考え方は、いまだ確立されていない。それでは、ボーダレス・ジャパンの考えるソーシャルビジネスとは、どのようなものなのか。鈴木氏は、「私たちの事業は、社会問題に直面している当事者たちの状況を具体的に定義することから始まります」と話す。

「私たちは、それを『ソーシャルコンセプト』というのですが、例えば一般的なビジネスであれば、誰に、何を、どのようにして利益を上げるかというビジネスコンセプトを定めます。ソーシャルコンセプトでも同じように、誰が、どんな状況で、どのような困難や問題に直面し、それをどのように解決できるのかを明確にするのです」

そのうえで、個々のソーシャルビジネスの最大の目的は、「ソーシャルインパクト」を生み出すことだという。これは貧困問題で置き換えると分かりやすい。例えば、ある人が貧困状態にあり、月1000円の収入しかないとする。この人がもし何らかの方法で1万円の収入を得られれば、当事者の貧困問題は一時的に解決する。

しかし、根本的な解決にはならないだろう。月1万円という収入を持続させるのと同時に、その後の収入の向上も求められるからだ。持続的な貧困問題の解決を1人から10人、10人から100人、100人から1000人へと次々にスケールアップし、規模の拡大によって問題解決を最大化することが、ボーダレス・ジャパンが定義し、目的とするソーシャルインパクトなのだという。

「ソーシャルインパクトを生み出し拡大するために重要なのが利益率です。その事業によって、どれだけの利益が上げられるか。俗な言い方をすれば、どれだけもうかるか。これはとても重要なポイントです。なぜなら、その事業の規模が拡大するほど、社会問題から抜け出せる人の数も増えていきます。

だから、高い利益率の事業をできるだけ早く拡大していく。それによって、大きなソーシャルインパクトを生み出しながら継続させて、社会問題を解決していくのです」

 

社会にソーシャルビジネスを根付かせるため、1000事業・売り上げ1兆円規模を目指す

ソーシャルビジネスは社会貢献度が高いだけでなく、同様に事業を軌道に乗せるまでの難度も非常に高い。その要因の1つが「社会起業家=NPO」という先入観にあるのかもしれない。ソーシャルビジネスというと、いまだに「ボランティア」といったイメージが根強くあるという。

また、ボーダレス・ジャパンが取り組んできたこれまでの事業では、規模の大きさや話題性といった点で、バングラデシュでのビジネスが注目されることが多かった。このため、同社のソーシャルビジネスの対象は、海外専門と思われることが少なくない。しかし、鈴木氏は自社の展開するソーシャルビジネスについて、「国や地域を問うてはいない」と強調する。

「例えば、直近の課題として、日本国内における”母子家庭の相対的貧困“があります。これを解決するために、現在、シングルマザーのためのハウジング事業を計画しており、これを日本全国で一気に展開していきたいと考えています。

また、これらは構想段階なのですが、養護施設の若者を対象にした人材系の事業や、障害者が健常者と同様に個人の能力を発揮できる工場の建設など、日本国内における社会問題解決のための新事業の構想も数多くあります」

現在、ボーダレス・ジャパンは、韓国、バングラデシュ、台湾、ミャンマーにオフィスを構えてソーシャルビジネスを展開している。これに加えて、シリア難民の抱える社会問題を解決しようと、シリア難民が多く定住しているトルコでのオフィス開設を進めているという。ここでも、トルコの社会起業家やシリア人の若い起業家を募集し、難民問題の当事者たち自身による、社会問題の解決を目指していくという。

現在展開しているソーシャルビジネスの数は10。従業員は国内外合わせて約700人、2016年度のグループ全体の売り上げ予想は30億6000万円となっている。新たな雇用を創出し、ビジネスとして成立させている点でも十分に称賛に値するが、鈴木氏は、グループの中長期ビジョンとして「1000事業・売り上げ1兆円規模」を掲げているという。

「ここ数年、社会貢献とビジネスを両立したいと考える人が増えていることを強く感じます。しかし、現実には、社会貢献とビジネスが明確につながり、その成果を実感できる仕事や企業は決して多くありません。だからこそ、苦しんでいる人たちの問題を解決し、ビジネスとしてきちんと利益を上げ、自分たちもよりよい生活を送れることが大切になってくるでしょう。加えて製品やサービスを提供した顧客にも喜んでいただける、

こうした『三方よし』の成果を生み出せるのがソーシャルビジネスなのだということを、私たちがしっかりと実現して伝える。そうすることで社会問題解決に携わる人の数をも増やし、問題解決のスピードを上げたい。そのための1000事業・1兆円という目標なのです」

ボーダレス・ジャパンで活躍している従業員を見ると、非常にアグレッシブに事業を興し、チャレンジを続けていることに驚く。新卒で入社し、半年もたたないうちに単身海外に渡って事業を立ち上げた女性従業員や、同じく新卒で入社して以来、毎年のように事業を立ち上げている男性従業員も在籍する。

日本におけるソーシャルビジネスの概念を覆すほどのバイタリティーをもって、ボーダレス・ジャパンのメンバーたちは、あらゆる社会課題に向き合い、解決の糸口を探り続けている。

 

キャリアチェンジを考えるときは職業投資トラップに気をつけて

 

 

キャリアを変えることは、いろいろな意味で怖いものです。しかし、現在のキャリアに多くの投資をしているという理由で、キャリアチェンジを嫌がる人たちもいます。これは「職業投資トラップ(Job Investment Trap)」と呼ばれるもので、この罠に陥らないように気をつけなければなりません。

 

 

職業投資トラップは、サンクコスト(埋没費用)の誤りの一形態です。サンクコストの誤りとは、何かに対して投資をしたあと、その結果が不愉快なものになったとしても、これまで投じたものを無駄にしたくないために、手を引くのを躊躇してしまう心理のことです。また、もう一度最初からやり直すことを考えると、さらに億劫になるものです。

キャリアに関して言うと、若者ほどこのトラップにかかりやすい傾向があります。20歳の若者は、50歳の人に比べて、2年間のトレーニングをはるかに長いと感じるからです。The School of Lifeは次のように説明しています。

このことが、多くの人、とくに若者たちが、誤って再訓練に背を向けてしまう理由を説明している。現在行っている投資を評価する場合は、直近の経験ではなく、将来の全体像をしっかりと見据えた上で行う必要がある。

もちろん、これは、言うは易く行うは難しです。また、キャリアチェンジを躊躇させる別の要因もあります。そう、お金です。とはいえ、あなたがこれまで投資してきた時間が”無駄になる”ことを心配しているなら、職業投資トラップにハマっていないか、よく考えてみてください。

あなたがこれまでに獲得してきたスキルや経験は、必ずしも無駄にはなりません。工具のマニュアルを書く仕事を辞めたとしても、テクニカルライターとして身につけたスキルは、新しいキャリアでも活かせるし、仕事以外の分野でも役に立ちます。

 

自分に合う仕事がわからない人も、見つけ方さえわかれば楽しく仕事ができる!

自分に合った仕事は自分で見つけられるの!?

どんな職業に就こうか悩んでいるときに、周りの人から「◯◯が向いているんじゃない?」と言われたことがある人もいるかと思います。自分のことを知っている人の意見を参考にすることで、今まで気がつかなかった職業にも目を向けられるようになりますよね。

しかし、常に周りの人の意見に従うようになることで、「やっぱり合っていなかった」「楽しくない」と思うようになってしまう可能性もあるようです。そうならないように、自分自身しっかりと把握した上でどんな仕事があっているのかを考えるようにしてみてください。

自分自身を知らないままでは、自分にあった職業を見つけることも難しいかもしれませんね。また、多くの人は必ず「自分に合った仕事ってなんだろう」と考えるようになると言われています。

▼関連記事

自分にあった仕事の8つの見つけ方

自己分析をした上で客観的に見るようにする

仕事を探すときに「自分にあった仕事」を考えるようになることも多いですよね。自分は絶対にこの職業に就きたいというものがある場合には、それほど迷う必要はないかと思います。しかし、多くの人は生活のために仕事をしていて「◯◯がやりたい」というように明確になっていないのです。

そんな時には、まず自分がどんな人間なのか、どんな考えを持っていてどんなことが好きなのかなどをしっかりと考えるようにしてみてください。仕事だけではなく、どんなことでも「自己分析」をすることはとても大切だと考えられています。

ただ仕事となると毎日のように関わっていくことになるので、より真剣に自己分析を行うようにしたほうがいいかもしれませんね。この時に主観的な考えだけでは間違った結果になる可能性もありますよね。そのためなるべく客観的に自己分析を行うようにすることが大切ですよ。また、可能であれば家族や友人にも意見を聞くようにしてみてください。

自分が興味のある仕事を探す

自分にはどんな仕事が合っているのかわからないという場合には、興味を持った仕事を探すようにしてみてください。この時に、その職業がどんなものなのかしっかりと把握できていないと、実際の内容との違いで「やっぱり違った」と思うようになってしまう可能性も考えられます。

そのため、その仕事をしている人に話を聞くようにしてみてくださいね。話を聞いて「自分に合っているかも」「楽しそう」などと興味を示した仕事を行うようにしてもいいかもしれませんね。外から見た仕事と、実際の仕事には違いがあることが多いのです。

いきなり正社員になるのではなく、アルバイトなどで一度経験をして見るようにしましょう。「やっぱり自分に合っていない」と思った時のリスクを考えて短期バイトなど雇用形態を意識して探すようにしてもいいですね。

自分に合わないと感じた時にはすぐに辞める

たくさん考えて仕事に就いたのに、結果的に「自分には合わない」と感じるようになることもありますよね。しかし、多くの人はこの時に「辞める」のではなく「我慢をする」ことを選ぶようになってしまうのです。しかし、我慢をし続ければ「辞めたい」と頻繁に思うようになってしまいます。

仕事の初日で「合わない」と感じた時には一通り仕事内容を把握した上で「今後どうするのか」を考えるようにしましょう。まだ何も知らない状況では適切な判断をすることが難しくなってしまいますよ。

ただ、仕事内容を把握しても「合わない」と感じることもあるかと思います。このような場合にはすぐその仕事を辞めるようにしましょう。いつまでもダラダラと仕事を続けていても、自分や会社のためになりませんよ。

周りの人に話を聞く

「この職業は楽しそう」「この職業は自分にあっているかも」と感じた時には、自分の周りにその仕事をしている人がいるかもしれませんよね。もし、身近にいるようであれば、さまざまなことを詳しく聞くようにしましょう。この時に「楽しいこと」「やりがい」などプラスに捉えられることだけではなく、「楽しくないこと」「大変なこと」などのマイナスな部分もしっかりと聞くようにできるといいですね。

また、この時に仕事内容や勤務時間、福利厚生などもしっかりと聞くようにしましょう。実際に体験しているひとの話は信用して聞くことができるかと思います。また、話をして聞いた上で「自分に合っているのか」を考えるようにすることで、実際の仕事内容や福利厚生などのギャップによって「合わない」と感じることを未然に防ぐことも可能ですよね。話を聞いた上で客観的に自己分析をするように心がけましょう。

自分なりにイメージをして見る

人から聞いた話を参考にしても「やっぱり違った」ということもありますよね。これは、その人には合っている仕事だけど自分には合わない仕事だったと考えることができます。また、実際に自分がやったら聞いた話とは違うなんていうことがあるでしょう。

そうならないように、聞いた話を参考にして自分がその仕事をしているイメージを行うようにしてみてくださいね。この方法はイメージトレーニングの一環だと言われています。実際にイメージトレーニングを行うようにすることで、そのイメージに自分が近づいていくことができるのです。

いいイメージが浮かばなかったり、鮮明にイメージできない場合には自分には向いていないと考えることもできますよね。しっかりとイメージするようにすればより、自分に「合う、合わない」を明確にすることができると考えられています。

足を運んで実際に働いている人の様子を見る

仕事を行う上で「やりがい」を大切にしたいと思っている人も多いですよね。やりがいを感じることで、より「楽しい」と思えるようになるようです。実際にやりがいを感じながら仕事をしている人は輝いて見えることが多いのです。また、その職場の雰囲気も比較的良いことが多いと考えられています。

そのため、「この職業に就きたい」「ここで働きたい」と思うような仕事を見つけたら実際に働いている人の姿観察しに行くようにしてみてください。やる気がないスタッフが多かったり、職業雰囲気があまり良くない場合には自分がそこで働いた時に「働きにくい」と感じることもあるため要注意しましょう。

この時に人の意見を参考にするのではなく、自分が感じたことを大切にするようにしてくださいね。最終的に判断するのは自分だということを忘れないようにしましょう。

チャレンジする気持ちをもつ

どんな仕事でも「苦手」だと思う内容があるということを忘れないようにしましょう。仕事内容の中に苦手なものがあることで「合わない」と思うようになってしまうのでます。苦手だと思った内容でもまずはチャレンジする気持ちを持つようにすることが大切ですよ。

自分なりにチャレンジしてみたら意外と楽しかったと思えることもあるかもしれませんのね。また、チャレンジした上で「どうしても苦手」だということもあるかと思います。そんな時には、自分だけでどうにかしようとするのではなく、周りの人に「苦手」ということを伝えてサポートしてもらうようにしてみてください。そうすることで苦手なことを楽しくこなせるようになる可能性もあると言われています。

絶対にやりたくないことを明確にする

仕事を行う上で「これだけは絶対にやりたくない」と思う仕事もありますよね。この絶対にやりたくない仕事に就いてしまえば「合わない」と感じるようになってしまいます。そのため、自分が絶対にやりたくない仕事はどんな仕事なのかを明確にするようにしてみてください。

例えば「レジ打ちだけは絶対にやりたくない」と思っているとします。しかし、ここで飲食店や雑貨店、アパレル関係などの仕事を始めることで、結果的にレジ打ちをしなければいけなくなってしまうのです。そうなってしまえば「レジ打ちがあるから自分には合わない」と思うようになってしまいますよね。

絶対にやりたくない仕事を明確にした上で、それが含まれていない仕事を探すようにすることも大切ですよ。また、この時に同時にやりたいと思う内容を探すようにしてもいいかもしれませんね。

自分が我慢して合わせる努力をする

仕事を探す上で「100%自分に合っている」という仕事を見つけることは簡単なことではないと言われています。どんな仕事でも「辛い」「面倒臭い」と思うようなことはありますよね。仕事をしてお金をもらうということは、そういうことだということを忘れないようにしましょう。

なるべく自分に合った仕事を見つけてもこのようなことが原因で「合わない」と感じるようになってしまうのです。そうならないように、ある程度は自分自信が職場に合わせて我慢する能力を身につけるようにしましょう。

全てのことを我慢する必要はありません。誰にでも譲れないことはありますよね。妥協しても良いという仕事では、我慢をするようにすることも大切ですよ。この時に、我慢をし過ぎてしまうと結果的に「仕事を辞めたい」と思う原因になってしまいます。我慢するところと自分の意見を通すところの区別をしっかりと行うようにしてみてください。

親の職業を参考にする

家族と同じく仕事には就きたくないと思っている人もいるかと思います。しかし、親は自分と同じくDNAを持っていますよね。そのため、自分には向いていないと感じていても実際に経験してみたら親と同じ仕事が自分に合うという可能性も考えられます。

また、親だけではなく兄弟や親戚など血が繋がっている人の職業を参考にするようにできるといいかと思います。どうしても自分に合う仕事が見つけられないという時には、話を聞いて一度同じ仕事にチャレンジして見るようにしてもいいかもしれませんね。

また、血の繋がっている人からは、比較的話をして聞きやすいのではないかと思います。仕事の深い部分まで聞くことができるため、よりイメージをしやすいというのもメリットかもしれせんね。

自分では答えが出ない時には適性診断をしてみよう!

ネットを活用することで、簡単に自分にはどんな仕事が向いているのかを診断することができるものもありますよね。どうしても自分に合った職業が分からない時には、このような適性診断を活用するようにしてみてください。また、無料で診断ができるものかほとんどです。気軽な気持ちでいくつかの診断を行うようにしたほうが良いかもしれませんよ。1つの診断だけでは「本当なの?」と不安に思うこともあります。

そのためいくつかの診断をしてより自分に合っているものを見つけるようにすることも大切なのです。また、診断の結果と自分の意見、周りの人の意見を参考にするようにすることで、より自分に合った仕事を見つけやすくすることができると言われています。

診断はいくつかの質問に答えるだけのものがほとんどなので、空いた時間に気軽にできるかと思います。「仕事 診断」などと検索をするようにするとさまざまな診断ができるので一度試してみてください。自分では気がつけなかったことが見えてくるかもしれませんよ。

最終的に判断するのは自分

仕事を探すときに人の意見を参考にしたり、アドバイスをもらうようにすることはとても良いことですよね。自分だけでは主観的になりやすくなるため、客観的な意見を取り入れるようにすることができます。しかし、最終的に自分に合った仕事を見つけるのは自分だということを忘れないようにしましょう。

たくさんの人の意見を聞くようになると、さまざまな意見から混乱するようになることも考えられます。そうならないように一つ一つをメモしたりしてまとめるようにできるといいですね。また、意見を参考にした上で自分の意思をしっかりと持って「自分に合う仕事」を見つけるように心がけましょう。

あくまでも人の意見や診断結果は参考程度にするということを忘れないようにしてください。人の意見だけで探すようになれば、結果的に「合わない」という原因を招くようになる可能性も考えられます。

自分に合う仕事で毎日楽しく仕事をしよう!

このように自分に合う仕事を探すためには、ある程度はしっかりと自分と向き合ったり、その職業がどんなものなのかを把握する必要があります。ただ「好きだから」「楽しそうだから」という理由で始めるのではなく、内容などをしっかりと理解してから自分に合っているのかを考えるようにしてみてくださいね。自分に合う仕事で充実した毎日を過ごしましょう!

▼関連記事