精力減退低下の原因と対策

【精力減退】低下の原因11と対策を6つまとめてみた

人間、年をとれば若い頃と比べて精力が落ちたかな?
「やる気」が低下してきたかな?
と思うようになってもおかしくはありません。
でも、「老いてなおますます盛ん」という言葉があるように
年を取ってもギンギンな人っていますよね?

  • 「ギンギン」と「しょんぼり」の違いはなんなのか?
  • どうしたらギンギンに戻れるのか?

この2つについて徹底的にご紹介していきたいと思います!

Contents

  • 1 まずは精力減退の原因を知るべし!
    • 1.1 きっと精力減退と関係のある原因
      • 1.1.1 男性ホルモン分泌の減少
      • 1.1.2 パートナーの劣化
      • 1.1.3 性生活のマンネリ
      • 1.1.4 将来への不安
      • 1.1.5 インスタント食品やジャンクフード
      • 1.1.6 食生活の乱れ
      • 1.1.7 ストレス
      • 1.1.8 シュウ酸
      • 1.1.9 有機リン
      • 1.1.10 育毛剤の使用やAGA治療
      • 1.1.11 中枢神経遮断
    • 1.2 たぶん精力減退とは関係ない原因
      • 1.2.1 ブリーフを履いている
      • 1.2.2 お風呂
      • 1.2.3 マスターベーションやAVの見過ぎ
  • 2 精力減退をぶっ飛ばす対策8つ!
    • 2.1 男性ホルモンやアンドロゲン分泌に良い行動をする
      • 2.1.1 やりたくてもできなかったことに挑戦してみる
      • 2.1.2 ゴールデンタイムに寝る
      • 2.1.3 同性でつるむ
      • 2.1.4 男性ホルモンを増やす食べ物をとる
    • 2.2 ストレスを軽くする
    • 2.3 ジョギング
    • 2.4 筋トレ
    • 2.5 自律神経のバランスを整える
    • 2.6 精力サプリメント
  • 3 精力減退が引き起こす二次被害
    • 3.1 病気
    • 3.2 ED
  • 4 まとめ

まずは精力減退の原因を知るべし!

【精力減退】低下の原因11と対策を6つまとめてみた
精力減退をなんとかしたい!と思う気持ちはわかりますが、
いきなり対策に行くよりも、まずは精力減退の原因を知るべきです。
原因を知らないと対策を間違えてしまう可能性があるからです。

そして、
精力減退の原因の中でも

  • きっと精力減退と関係のある原因
  • たぶん精力減退とは関係ない原因

の2つがありますので両方ご紹介しますね。

きっと精力減退と関係のある原因

男性ホルモン分泌の減少

男性ホルモンについては、アンドロゲンやテストステロンなどいろいろな呼び方でよばれることがあり、それぞれ微妙に違うこともあるのですが、
ここでは精力減退は男性ホルモンの分泌の減少が関係しているということだけ覚えておけばいいと思います。

加齢そのものによっても男性ホルモンの分泌は減ってしまうのですが、高齢者でもバイタリティー溢れてビンビンな人がいますよね。
その差は筋肉にあると言われています。

筋肉が多いほど男性ホルモンが多く分泌されるためです。

もちろん他にも男性ホルモンに良い生活習慣がありますので、後で紹介しますね。

パートナーの劣化

う〜ん…これは触れたくないことかもしれませんが、どんないい女だって40、50、60にもなれば劣化はするものです。
というか、劣化しなければ嘘ですよね。
そして、男性は視覚で興奮する生き物ですから劣化によって萎えるのは必然とも言えます。

ただ、この劣化すらも愛してこそ本当のパートナーであり、夫婦になれるのではと感じています。

性生活のマンネリ

パートナーの劣化とも通じるのですが、簡単に言えば興奮しなくなったということです。
でも、この興奮しなくなったということがパートナーだけに対してであれば、それは精力減退とは言い切れないかもしれません。
「飲み屋のねーちゃんにはビンビンになるんだけど、うちのカーチャンじゃね…」ってやつですね。
でも、本当は「うちのカーチャン」にもビンビンになって満足させてあげたいですよね。
男のできるプレゼントとしても。

将来への不安

「思考は現実化する」という言葉があります。
「言霊」という言葉もありますね。
両方とも自分の思考や言動の影響力が大きいことを表す言葉です。

何が言いたいのかと言いますと、
仕事や家族を含めて将来への不安が心にあると、体にまで被害が及ぶ可能性が高いということです。

特にマイナスの思考はプラスの思考よりもパワーを持っていますから、「不安」が心の中に巣食ってしまうとあっという間に体中が侵されていってしまいます。

ですから当然、不安は精力減退につながっていきます。

インスタント食品やジャンクフード

インスタント食品やジャンクフードは食事のバランスという意味でもNGなのですが、
インスタント食品やジャンクフードの中にはトランス脂肪酸を含んでいることも問題です。

トランス脂肪酸を多くとると、血液中のLDLコレステロール濃度が増加し、さらに、HDLコレステロール濃度が減少することが示されています。トランス脂肪酸を多くとりつづけると冠動脈性心疾患のリスクを高めることも示されています。
maff.go.jp

つまり、トランス脂肪酸のとりすぎによって生活習慣病などの病気になる確率が高くなってしまうわけです。
そして生活習慣病の多くは発症するまでは病気に気づかないことが多いため、精力減退が生活習慣によるものと気づかないことが多いのも特徴です。

食生活の乱れ

先に紹介したトランス脂肪酸を含む食事だけではなく、食生活の乱れとは、食べる量や食べる時間などが毎回違うことも含みます。
そして量や時間が違うのにもかかわらず食べものの種類は同じような感じ(3日連続で中華料理など)になってしまうのも特徴の1つです。

ストレス

ストレスは生きていれば必ずあるものだと思いますが、その度合いがポイントになってきます。
もちろんストレスの度合いが大きければ大きいほど精力が減退してしまう可能性は高いのですが、
間違ったストレス対策としてタバコの吸い過ぎやお酒の飲み過ぎになってしまうのも良くない傾向です。

シュウ酸

「亜鉛が精力増強にいい」ということを聞いたことがある方は多いと思いますが、
この亜鉛の摂取を妨げてしまうのがシュウ酸です。

このシュウ酸が含まれているのはコーヒーや紅茶、そして大根やほうれん草などです。
もちろん、栄養バランスを考えてほどほどにとる分には良いのですが、とりすぎには注意が必要です。

有機リン

有機リンを多く摂取することによってカルシウムが不足します。
カルシウムが不足すると副交感神経が乱れるので勃起に影響が出てきます。
よく「カルシウムが不足するとイライラする」と言われますが、これはカルシウム不足によって副交感神経が乱れたためです。
勃起には交感神経と副交感神経のバランスが大事になってくるので、どちらかが優位になりすぎると影響が出てしまうのです。

「有機リン」というとコカコーラに含まれているものとして有名ですが、コーラの他にもソーセージやかまぼこ、ハムなどにも含まれていますのでとりすぎには注意したいところですね。

育毛剤の使用やAGA治療

旦那さんがたたない原因でも紹介しましたが、育毛剤にフィナステリドという成分が使われている場合には性欲減退の副作用が起こる場合があります。

またAGAクリニックなどで治療されている場合にも、フィナステリドを有効成分とする「プロペシア」が処方されている場合があります。

中枢神経遮断

勃起は性的興奮によって勃起中枢から自律神経などを通じて海綿体神経に伝達。その刺激によって血液が海綿体に流れ、血液が溜まることで起こるのですが、
参考:life-cl.com

この勃起中枢が交通事故やスノーボードなどスポーツ事故によって損傷し、EDになってしまうこともあるようです。

たぶん精力減退とは関係ない原因

ブリーフを履いている

睾丸を温めることが精子にとって良いので、睾丸をできるだけ冷やすためにブリーフよりトランクスの方がいいと言われていますが、
某有名レディースクリニックの先生に聞いたところ「それは嘘だ」とはっきりおっしゃっていました。
実際に本当に高温の中で何時間も作業する職業の方の場合は精子に良くないようですが、普通に暮らしている分には問題ないようです。

お風呂

お風呂についても睾丸は温めない方がいいのでシャワーにした方がいいとか、冷たいシャワーで睾丸を冷やすといいと言われていますが、これもブリーフと同じで気にする必要はないようです。
お風呂に毎日入っている男性はごまんといますし、
僕自身2012年と2016年の2回精子検査を受けたことがあるのですが、4年間お風呂も長時間入って、パンツはボクサーブリーフだったのですが、精子検査の結果は2016年の方が良くなっていましたよ^^;

マスターベーションやAVの見過ぎ

マスターベーションのし過ぎやAVの見過ぎで特定のパートナーに勃起しなくなることはあるかもしれませんが、
1人でできるということは精力減退とはちょっとちがうのではないでしょうか?
しっかりたつならむしろ精力ありあまってるかも…

精力減退をぶっ飛ばす対策8つ!

【精力減退】低下の原因11と対策を6つまとめてみた

男性ホルモンやアンドロゲン分泌に良い行動をする

やっぱり精力減退の原因に男性ホルモンの減少が深く関わっていることから、まずは男性ホルモンにとって良い行動をするのが大事ですね!

やりたくてもできなかったことに挑戦してみる

基本、男性ホルモンのベースになっているのはバイタリティー(活力)なので、今までやりたかったけどできなかったということに挑戦することによってアンドロゲン(男性ホルモン)が分泌されやすくなる可能性があります。
それが運動ならなお良いのですが、運動じゃなくても「挑戦」と思えるものにぶつかってみてはいかがでしょうか?

ゴールデンタイムに寝る

午後10時〜午前2時頃までの間をゴールデンタイムといって成長ホルモンの分泌が高まる時間とされていますが、
男性ホルモン(アンドロゲン)は午後10時〜午前1時とちょうどゴールデンタイムの頃に増加すると言われているので、この時間に睡眠を取れていることがベターです。

同性でつるむ

男同士でいることによってなぜか男性ホルモンの分泌が増えると言われています。
これはなんとなく分かる気がしませんか?
気づかぬうちにライバル視のようなものが芽生えるせいもあるかもしれませんね。

男性ホルモンを増やす食べ物をとる

男性ホルモンを増やす食事は

  • タンパク質を含む食材(卵・肉類・魚類・牛乳・大豆など)
  • アリシンを含む食材(ニンニク・ねぎ類・ニラなど)

などの食材を意識的にとるようにするといいです。

ストレスを軽くする

心の病気を防ぐためにもストレスを軽減することは最も大事なことの1つです。
ストレスが全くない人なんていませんが、いかに軽くしてあげるかというのがポイントになります。

そしてストレス解消のためにお酒を飲みまくったり、カラオケで騒いだりといった「その場しのぎの発散方法」よりも、
運動などによって「貯蓄していくストレス発散法」の方がオススメです。

ジョギング

ジョギングはストレス解消にも良いとされていますが、毛細血管を増やして血流を良くしてくれますからもちろん精力減退対策としてもバッチリです。
その他、ジョギングの効果はメタボ防止や血圧にも効果が期待できるので良いことづくめといっても過言ではありません。

ジョギングといっても毎日1時間も走るということではなく、
週2回30分程度を鼻から息が吸える程度のスピードで走ればいいようです。
参考:news.ameba.jp

筋トレ

筋トレは男性ホルモンアップに最も期待できる方法の1つ。
本当に効果があるのはバーベルなどを使ったウェイトトレーニングなのですが、
自分の体重でのスクワットでも十分効果が期待できますよ!

参考:スクワットがセックス力アップに超絶効果な3つの理由

自律神経のバランスを整える

勃起には交感神経と副交感神経のバランスが大事なので自律神経のバランスを整えることがとても重要

女の子だったらアロマとかバスソルトとか香り系のアイテムをお勧めするのですが、男性にはあまり効かないと思います…

そこでオススメしたいのが、TVなどにもよく出演されている順天堂大学の小林弘幸先生が出されている「聞くだけで自律神経が整うCDブック」です。

【精力減退】低下の原因11と対策を6つまとめてみた

聞くだけで自律神経が整うCDブック(心と体のしつこい不調を改善編) [ 小林弘幸 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)

男性はこうやって理論的に自律神経について説明された方が効果あるんですよね^^

精力サプリメント

最後に紹介するのは精力サプリメントです。
今まで紹介した方法で「わかったけど、どれも大変でできそうもないという」方は是非精力サプリメントをお試しください。

特にオススメなのがレッドドラゴンという精力サプリメント。

【精力減退】低下の原因11と対策を6つまとめてみた

詳細はこちら

レッドドラゴンはマカ、アルギニン、亜鉛などが贅沢に配合されているのであの頃の自分を取り戻せますよ!

⇒レッドドラゴンの強い男復活コース!

精力減退が引き起こす二次被害

【精力減退】低下の原因11と対策を6つまとめてみた

病気

精力が減退しまうことのデメリットは性生活だけではありません。
今まで精力減退の原因について紹介しましたが、その中の多くは生活習慣によるものだったことがわかったと思います。
生活習慣の乱れから生活習慣病へとつながり、高血圧から糖尿病、そして心臓病などといった負の連鎖にハマってしまうことも少なくありません。

体に元気がないと心に元気もなくなって、家族や仲間ともうまくいかなくなることも…

早い段階で手を打つことが重要です。

ED

長い間、精力減退を放っておくとEDになることもあります。
と言いますか、精力減退がEDと密接につながっているのはよく考えれば分かることですよね。

でも精力減退が原因のEDは治療しなくても精力サプリメントなどで治すことが可能です。

まとめ

精力減退にも色々な理由があり、その理由によって対策も様々であることが分かったと思います。
こわいのは精力減退が心身ともにしょんぼりさせてしまうことです。
こうなってくると抵抗力もなくなってきますから様々な分野でマイナス材料になってしまう可能性があります。
しょんぼりが蔓延しないうちにサプリメントで元気になることをオススメします!

彼氏EDかも?彼がたたないから別れたい?

彼氏EDかも?彼がたたないから別れたい?【治療以外で治す方法は5つもある!】

彼氏がたたない…どうしよう(ーー;)

焦る気持ちはわかりますが、まずは落ち着いて原因を知り、対策をしてみてください。

この記事は

  • 彼氏がEDで悩んでいる彼女
  • たたなくて困っている彼氏

両方に参考にしていただけるはずです!

Contents

  • 1 彼氏がEDだと彼女への被害はこんなに
    • 1.1 彼氏のEDを自分のせいにしてしまう
    • 1.2 EDのせいで彼女が不倫や浮気してしまう
    • 1.3 【最悪】彼氏がEDなら別れようと思う
  • 2 そもそもEDに種類があるって知ってた?
    • 2.1 治療が必要なED
    • 2.2 器質性ED
    • 2.3 心因性ED
  • 3 彼氏のEDは治療が必要?チェック方法はコレ!
  • 4 彼氏がEDになる原因
    • 4.1 彼氏が原因編
      • 4.1.1 間違ったやり方のマスターベーション
      • 4.1.2 タバコの吸いすぎ
      • 4.1.3 お酒の飲み過ぎ
      • 4.1.4 サイクリングED
      • 4.1.5 過激 or ありえないシチュエーションのAVの見過ぎ
    • 4.2 彼女が原因編
      • 4.2.1 ムダ毛処理が甘い
      • 4.2.2 ワキやあそこに黒ずみがある
      • 4.2.3 デリカシーがない
      • 4.2.4 彼女だけが喫煙者
      • 4.2.5 「電気を消して」と言ってしまう
  • 5 彼氏のED対策
    • 5.1 男は視覚でムラムラすることを理解する
    • 5.2 彼氏のエッチテクニックをあげるチャンスにする
    • 5.3 おもちゃを使う
    • 5.4 彼氏も感激「一緒になおそ!」
    • 5.5 彼氏のED対策・1番オススメはサプリ!
  • 6 まとめ

彼氏がEDだと彼女への被害はこんなに

彼氏のEDを自分のせいにしてしまう

プライドが高い女性じゃなくても、彼氏がたたないと自信損失になってしまう方が多いようです。

彼氏EDかも?彼がたたないから別れたい?【治療以外で治す方法は5つもある!】
出典:hama1-cl.jp

上のグラフでは半分近くの女性が夫や彼氏のEDによって自信をなくした経験があるんですよね^^;

罪深きED…

EDのせいで彼女が不倫や浮気してしまう

これは男性によく知っておいて欲しいのですが、
彼氏がEDだと浮気に走ってしまう女性も少なくないんです!

もちろん浮気や不倫はいけないこと。
でも、もしその理由が自分のEDにあるとしたら…

ただ、彼氏さんも必要以上に落ち込まないでくださいね。
対策法は下でバッチリ紹介していますから!

【最悪】彼氏がEDなら別れようと思う

これは1番最悪…
EDというだけで別れることも考えてしまう彼女もいるんです。

誘えば断られる。ストレスを、与えないよう平気を装わなければならない。ましてや、女にだって性欲はあります。強く抱いて欲しいし、強く求めて欲しい。セックスが無いのが原因で、小さな事でも、イライラしてしまう自分がいます。この先、こんな悩みを抱えたまま結婚していいのか不安でたまりません。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

男性にとってはセックスって欲求を解消するだけのものと考えている人もいるかもしれませんが、
女性にとってのセックスはそれ自体、とても大切な時間になっているんですよね。

そもそもEDに種類があるって知ってた?

彼氏EDかも?彼がたたないから別れたい?【治療以外で治す方法は5つもある!】
ED、EDってすべてひっくるめて考えるのは早とちり。
実はEDにも種類があるんです。
そして本当に治療が必要なEDと対策によって治る可能性のあるEDとに分かれるんですよ!

治療が必要なED

治療が必要なEDは何をどうやってもたたないEDです。
もちろん1人でマスターベーション(オナニーのこと)できないし、
勃起もしないというタイプ。
この場合にはクリニックに行って一度相談された方がいいかもしれませんね。

器質性ED

器質性EDとは性器の変形や血流の悪化、男性ホルモン(テストステロン)の減少など物理的な原因によって勃起できない状態のEDをさしますが、食生活など生活習慣を正すといった対策をすることによって改善する場合も少なくないようです。

対策はこの記事の下で紹介していますが、EDだけでなく健康を手に入れるためにも大切な対策もあり、一石二鳥なのでぜひ取り組んでみてください。

心因性ED

心因性EDとは、文字どおり心が影響しているEDで、ストレスや疲れ、不安などが原因で起こります。
この心因性EDが最も多く、そして最も対策効果が期待できると言われています。

彼氏のEDは治療が必要?チェック方法はコレ!

彼氏EDかも?彼がたたないから別れたい?【治療以外で治す方法は5つもある!】
クリニックに行かなければどうにもならないEDがあることも事実ですが、簡単なチェック方法として紹介したいのがこちら。

  • 勃起しますか?
  • 1人でマスターベーションできますか?

これについて、勃起しなければマスターベーションできないわけだから「1人でマスターベーションできますか?」だけで良いのでは?と思われるかもしれませんが、

実は勃起しなくてもできるマスターベーションはあるんです。
そしてそのマスターベーションが原因でEDになることもあるんです。

それでは、「彼氏のEDの対策」の前に「彼氏がEDになる原因」を見てみましょう。

彼氏がEDになる原因

彼氏EDかも?彼がたたないから別れたい?【治療以外で治す方法は5つもある!】

彼氏が原因編

間違ったやり方のマスターベーション

間違ったやり方のマスターベーションの方法はいろいろあるのですが、代表的なのは以下の2つ

  • ふとんにこすりつけてするマスターベーション
  • オナホールなど器具を使ったマスターベーション

・ふとんにこすりつけてするマスターベーション
ふとんにこすりつけるマスターベーションは、床オナニーと呼ばれ、先ほど紹介した「勃起しなくてもできるマスターベーション」になります。

フニャチンのまま、ふとんにこすりつけて皮がかぶったまま射精することも可能なので間違ったマスターベーションの代表と言われています。

・オナホールなど器具を使ったマスターベーション
オナホールって彼女さんは知らないかもしれませんが、女性器の形をした器具です。

彼氏EDかも?彼がたたないから別れたい?【治療以外で治す方法は5つもある!】
出典:amazon.co.jp

結構、引きますよね^^;
わかります、わかります…

でも、これ気持ちいいんですよ。
ですからこういうものを使ってると本物の女性器では物足りないという方もいるとか、いないとか…

タバコの吸いすぎ

タバコは百害あって一利なしと言われますが、「あそこ」にとっても、とっても良くないです。
勃起のメカニズムに血流が大きく関係しているので血流を悪くする喫煙は良くないんです。

お酒の飲み過ぎ

お酒は適量ならば百薬の長とも呼ばれて血行も良くしてくれますが、飲み過ぎてしまうとおちんちんにとって良くないんです。

参考:お酒で立たない(。 ̄□ ̄)ツ飲むと立たない理由8つと6つの対策

サイクリングED

サイクリングEDという言葉があります。
自転車が原因のEDですね。

1997年、米国泌尿器科学会が衝撃的な調査を発表した。ボストンの男性サイクリストとランナーを比較した結果、「中程度~完全なED」である者は、ランナー群が1.1%だったのに対し、サイクリスト群は約4倍の4.2%だった。1999年、独ケルン大学が、アマチュアの長距離サイクリストと非サイクリストをアンケート調査してED発症率を調べた。非サイクリスト群が3.9%だったのに対し、サイクリスト群は13.1%だった。
.j-cast.com

ママチャリに乗っているぶんには問題ないのですが、サドルが硬く、常に前傾姿勢をとっているロードバイクタイプの自転車はEDのリスクが上がるようです。

過激 or ありえないシチュエーションのAVの見過ぎ

AVを見ない男はいないと言っても過言ではありませんが、
過激なシチュエーションのAVを好む男性は、日常的なセックスでは満足できなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

彼女が原因編

ムダ毛処理が甘い

ムダ毛に萎えるという男性は結構多いんです^^;

女のワキ毛はかんべんです。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
腋毛ですね。これは確実に剃ってほしい!
その他のムダ毛はすね毛あたりをちゃんと処理してれば問題ない。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
彼氏彼女の関係になり初夜の時や、一晩だけのお付き合いの女性にムダ毛があれば確実に萎えるかと…(__)m ※ムダ毛フェチでない限り。
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

でもムダ毛と言ってもすべてのムダ毛ではなく、ワキだけはきれいにしてほしいという意見が多いですよね。

ワキやあそこに黒ずみがある

黒ずみって出来ちゃいますよね。
悩んでいる女性も多いようですが、黒ずみの原因はカミソリなどの自己処理によるものが多いんです。

だから黒ずみケアのクリームを塗ってきれいにしておくことをオススメします。
⇒オススメの黒ずみケアクリーム

デリカシーがない

下着姿や裸でウロウロしたりしてませんか?
場合によっては興奮するかもしれませんが、男性は基本、モロ見えよりもチラリズムを望む生き物。
「ちら=OK」
「モロ=NG」
と覚えておいてください。

彼女だけが喫煙者

タバコを吸わない人ってタバコの匂いが異常に気になるんですね。
ですから、漏れた息からタバコの匂いがしたら、結構萎える人も多いんです…

「電気を消して」と言ってしまう

「電気を消して」も、一番最初だけはいいかもしれません。
でも、男性は視覚で興奮する生き物ですから暗くしてしまうということは自分から興奮ポイントを無くしているようなものですよ!

恋人の裸体や下着姿を見ている時、挿入しているところなど、女性がまじまじと
見られたくないものを見た時に元気になるんです。
でも、多くの女性は電気を消してくれと、わざわざ勃起させないようなことを言うんですね。
oshiete.goo.ne.jp

彼氏のED対策

彼氏EDかも?彼がたたないから別れたい?【治療以外で治す方法は5つもある!】

男は視覚でムラムラすることを理解する

男性のムラムラ材料のNo.1は視覚です。
ですからちょっと「見えそで見えない」スカートを履いた女子や、「もう少しで見えそう」な胸元にビンビンになります。

ですから彼女さんもこれを利用しない手はありません。

そして視覚でムラムラするということを理解しておけば当然、毎回のHで電気を暗くするなんてありえませんよね^^

彼氏のエッチテクニックをあげるチャンスにする

彼氏に「入れるのもいいけど、クリを触ってほしいの★」といったように
挿入ももちろん良いんだけど
入れなくても十分気持ちよくなれるということを
やんわりと伝えてあげてください。

これによって彼女さんが手に入れられるものは2つ

  • 彼氏のエッチテクアップ
  • ED改善の可能性

おもちゃを使う

おもちゃってありますよね。
バイブとか電気マッサージ機とか。
おもちゃに興奮する男性は多いです。

特に電気マッサージ機はオススメです。

彼氏EDかも?彼がたたないから別れたい?【治療以外で治す方法は5つもある!】
出典:rakuten.co.jp

というのも、「肩こりにいいって聞いたから買ってみた」とか言ってプレゼントしやすいからです。

これ、使い方わかりますよね?
女性の大事な部分を気持ちよくするために使うんです。

すると、あら不思議
興奮した彼氏さんのあそこもビンビンに♪

彼氏も感激「一緒になおそ!」

彼氏本人から相談してほしいって思っている彼女さんは多いんですよね。
じっくりと話を聞いてあげるってすごく大切です。

そしてじっくり話を聞いてあげたら
「一緒になおそ!」
って言ってあげてください。

彼氏だけの問題じゃなくて私たち2人の問題なんだっていうことが伝われば、彼氏も泣いて感動しますよ。

彼氏のED対策・1番オススメはサプリ!

ここまで色々な「彼氏のED対策」をご紹介してきましたが、
1番効果が期待できるのは精力アップサプリメントを飲むことです。

え?どうしてサプリが1番かって?

百聞は一見に如かず。
まずはこちらをご覧ください

⇒彼氏のED対策に1番オススメなサプリ

まとめ

もし1人でできるようであれば彼氏のEDのことは深刻に考える必要はないかもしれません。
物理的にたたない男性はそれほど多くないと言われていますので、
まずはこの記事でご紹介している対策をためしてみることをオススメします!

自己愛性人格障害ってどんな病気

自己愛性人格障害

自己愛性人格(パーソナリティ)障害とは、どんな精神疾患であるかみなさんはご存知でしょうか?もしかしたら、名前だけは聞いたことがある人もいるかもしれません。また、現在では職場やパートナーとの関係においても、「モラハラ」というものが広く認識されてきていることから、この自己愛性人格(パーソナリティ)障害を知っている人もいるのではないでしょうか。

自己愛性人格(パーソナリティ)障害は、このようなモラハラの加害者である場合が多いと言われており、職場やプライベートな関係において、健全な関係を築けないことが問題となっています。そのため、このような自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人が身近にいる人は、その接し方などにとても手を焼いている人も多いのではないでしょうか。

今回はこの自己愛性人格(パーソナリティ)障害の特徴から原因、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人との接し方や治療方法までを調べてみました。身近に自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人がいるという人は、ぜひ参考にしてみてください。こちらの記事を参考にすれば、今後の関係性をもっとうまく築くことができるのではないでしょうか。

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の特徴

ありのままの自分を愛せない

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、一見自分が大好きな人であるという印象を与えがちな障害ですが、実際にはありのままの自分を愛せない障害であると言われています。そのため、心の根底に強い劣等感やコンプレックス、自己無価値感がある人が多いと言われています。

そして、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、「ありのままの自分は無価値」であると思っていることから、つねに不安感に支配されています。そのため、他人から自分の存在価値を認めてもらったときや、誰かと自分を比較して相対的に自分の方が上だと感じたときのみ、その不安感を解消することができると言われています。

このようなことから、本来自分は他人よりも優越的な存在であるはずで、素晴らしい特別な存在でもあり、他人から見ても偉大な存在でなければならないと思っていると言われています。そして、愛する自分は、とにかく誰よりも輝いていなければならない存在であると考えていますが、このような自分はありのままの自分ではないため、現実とのギャップが生じてしまうと言われています。

劣等感

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、その傲慢な態度とは裏腹に、強い劣等感を持っていると言われています。その理由は、前述もしたように、ありのままの自分と理想の自分とのギャップの差があるからです。

また、このような傲慢さや他人に対しての優越性、自分が劣っていると感じたときの過剰な反応などは、じつは強力な劣等感や、決して人から愛されないという自己感覚に対する、防衛的心理によるものであると言われています。

そのため、このような強烈な劣等感が根底にあることによって、それが反動となり自己価値観を正当化したり、高慢で横柄な態度をとったり、自分は特別な人間であると思い込む傾向があると言われています。

そして、劣等感が強いために人間としての器が小さいために、ささいな批判ですら受け入れることができないことから、批判的なことをを言われた場合には相手を逆恨みし、言いがかりをつけてきた悪者に仕立て上げることもあると言われています。

過剰な賞賛や特別扱いを求める

過剰な賞賛や特別扱いを求めるのも、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人の特徴であると言われています。それは、自分が他人よりも優れているという証拠を誇示したいからです。そのため、「今すぐこの瞬間に、自分だけが評価されたい」という欲求が強く、主役になりたがったり、人の上に立ちたがる人が多いと言われています。

そして、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、自分自身の価値が人より高いという事実に支えられているために、つねに他者からの評価に影響されやすく一喜一憂しがちな人が多いようです。そのため、他人に認めてもらえないと、自分を維持できなくなってしまうため、ランク付けや他人からの評価を異常に気にしたりします。

また、おだてやお世辞などに弱く、褒められたり注目浴びることが、自分の生きがいであるという人も多いと言われています。その一方で、評価の良い自分しか受け入れることができないため、ささいなことでも批判をされたときなどは激しく傷ついたり、過剰に反応し激怒する場合もあると言われています。

このように、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、一見自分が大好きそうに見えるものの、じつは自信がなく自分が嫌いであるため、他人から自分がどう思われるかを異様に気にします。そのため、人の評価に左右されすぎてしまい、その場しのぎの対応をするために個性がなく、場合によっては嘘すらつき通す人もいるようです。

自己暗示

普通の人間である自分の短所などを受け入れられないために、自分は特別な人間であると自分自身に自己暗示をかけることも、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人の特徴です。そのため、とくに実績がなくても、誇大的で自信に満ち溢れた行動をとる人が多いと言われています。

また、「自分は周囲の人とは違い、特殊な才能を持つ特別な人間であるため、賞賛され愛されるべき存在である」と思い込んでいるために、周囲に特別扱いされることを期待します。そのため、自分の高すぎる理想と現実とのギャップの差に、つねに不満感や不安感を抱いているため、ささいなことでイライラする人が多いと言われています。

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の原因

養育環境

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の原因の一つは、幼少期に受けた親からの影響であると言われています。一般的には、幼少期における高い自己意識や誇大的なナルシシズムは、成長における過程として特徴的なものであり、ごく普通に見られる発達の一部であると言われています。

なぜなら、幼少期の子供には、現実の自分と理想の自分との間にある違いを理解できないからです。その後、8歳を過ぎる頃になれば自己意識が目覚めるために、ポジティブなものとネガティブなものの両方を理解できるようになり、同年代の友人たちと自分とを比較して発達し始めることから、現実的なものが理解できるようになります。

そのため、ほとんどの児童はこの時点で自己を正確に理解し始めると言われていますが、親に過保護に育てられた子供の場合には、その理想と現実の区別がつかないままに成長してしまうことから、自己愛性人格(パーソナリティ)障害となってしまう人がいると言われています。

愛情不足

前述の過保護とは反対で、幼少期における親からの愛情不足が、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の原因となる場合があると言われています。これは、「無条件には愛されず、親の望む自分しか愛されない=誰かに必要とされる自分でなければ存在すら許されない」という、自分自身の価値と人間関係に対する基本的不信感でもあると言われています。

健全な自己愛を持つ人は、ありのままの自分を親に受け止め愛されることによって育ちますが、親が子供に無関心であり愛情を注がない家庭の場合には、子供は親の機嫌を損ねないようにしたり、気をひこうとしたりなど、何か取引をしなければ親からの愛情を得られないという不安な状態で育ちます。

そのため、ありのままの自分では親に受け入れられないという考えが基本となってしまうため、自己愛性人格(パーソナリティ)障害になってしまうと言われています。

このような人は、自分は無条件に愛されることがない、無力で価値のない存在であるという、自己無価値感が脳に刻みこまれてしまうために、無意識の内に防衛する方向へとシフトし、「自分には才能があり、すべての人から愛され賞賛されるべき特別な人間である」というような特別で万能な自己のイメージを思い描くようになってしまうと言われています。

神経伝達物質の不足

また、自己愛性人格(パーソナリティ)障害は、神経伝達物質の不足が原因であるとも言われています。神経伝達物質とは、主にノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンの3つであると言われています。以下に各神経伝達物質の特徴をあげます。

・セロトニン
やる気が出たり、気持ちが明るくなる成分です。食欲や睡眠にも深い関わりがあると言われています。

・ドーパミン
覚醒、陶酔感、快楽などの感情を伴う物質。ドーパミンが多く分泌されると、攻撃的になったり創造力を高める働きもあります。

・ノルアドレナリン
分泌すると興奮状態になり、不安や恐怖感を感じます。ストレスを感じているときに多く分泌すると言われています。

このような、3つの神経伝達物質種類や量、バランスなどによって、人間の感情が変わると言われています。そのため、セロトニンの分泌が少ないと、心配、不安、悲観的、ネガティブ、マイナス思考になりやすいと言われています。また、ノルアドレナリンの量により、共感性を持てるかどうかに影響が出たり、ドーパミンの量が少ないと、好奇心や刺激を求める感情が湧かなくなると言われています。

そのため、これらの神経伝達物質の不足により、バランスを保てなくなることから、自己愛性人格(パーソナリティ)障害となる可能性もあると言われています。

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人との接し方(対処方法)

競争相手にならない

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人と接する場合には、競争相手にならないように注意しましょう。なぜなら、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、誰でも競争相手やライバルとして見てしまう傾向があるからです。そのため、あなたが気づかないうちに、勝手に勝ち負けを競う「競争相手」とみなされてしまうことがあると言われています。

もしも、競争相手だとみなされた場合には、攻撃的な態度やさげすむような態度をとられるようになってしまうため注意が必要です。また、相手の挑発などには気づかないふりをすることもポイントです。

もしも、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人が何か含みのある言い方をしてきた際には、それには気がつかなかったことにし、あくまでも用件のみに「Yes」か「NO」だけなどの返答だけで返すようにしましょう。

基本的に自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、小心であり嫉妬深く負けず嫌いであるため、義務や道理などの一般論が通用しないことが多いと言われています。そのため、相手の競争相手にはならないようにし、とにかく賞賛する側に回るようにしましょう。

なぜなら、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、すべての人から賞賛が欲しいため、相手が望むものを与えてあげれば、今度はあなたを重んじてくれるようになるからです。

嫉妬を向けられるようなことを慎む

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人と接する場合には、嫉妬を向けれるようなことを慎むのも重要であると言えるでしょう。なぜなら、前述もしたように、彼らは嫉妬深く負けず嫌いであるからです。そのため、何か嫉妬を向けられるようなことをしてしまった場合には、あなたを執拗に攻撃してくる可能性があります。

そのため、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人から、嫉妬されるようなこと(たとえば彼らよりも注目を集めたりなど)は、慎むのが無難であると言えるでしょう。自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人に「敵」と見なされないためにも、容姿や服装、能力、生活態度、仕事の業績など、さまざまな部分において、本人が欲しい賞賛を与えてあげるようにしましょう。

相手の脅威にならない

前述したように、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、対人関係において相手を「敵」か「味方」かで区別する特徴があります。彼らには「敵」か「味方」かの極端な考え方しかできず、この2つ以外の判断基準がありません。

そのため、もしも「敵」と判断されてしまった場合には、あなたは相手にとって「脅威」となる可能性があります。もしも、相手の脅威となってしまった場合には、おそらく何かにつけて言いがかりをつけてきたり、ささいなことでもあなたと優劣をつけたがったり、あるいは仲の良いグループなどで陰口を言うなどをし、仲間はずれにしようとするおそれもあります。

このようなトラブルを避けるためにも、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人の脅威にはならないように、十分に注意する必要があるでしょう。

相手の手足にならない

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、自己中心的であり、図々しい人が多いと言われています。そのため、自分のために人がしてくれてもそれは当然のことであると考えているため、親しくなればなるほど、厚かましい態度や要求をしてくるようになると言われています。

また、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、他人はすべて自分のために働いてくれる存在であると思っているため、何かをしてもらったとしても感謝すらしないこともあると言われています。そのため、もしも思い通りに動かなかった場合などには、怒り狂うこともあるほどです。

このような自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人と付き合っていると、いつの間にか自分が相手の手足になって動かされていることもあるため注意するようにしましょう。相手の手足になり続けてしまうと、まるで主人と下僕のような関係が固定化されてしまうからです。

また、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、急に自分勝手な頼み事や要求をしてくることがあるので、たとえどんなに丁重に振舞っていたとしても、承諾しないようにしましょう。一度承諾してしまうと、どんどん面倒なことに巻き込まれる可能性があるからです。

面倒なことに巻き込まれた挙句、感謝されずに逆に陰口などを言われたり、恨まれたりすることもあるため、彼らの手足となることははっきりと断るようにするのが重要であると言えるでしょう。

共感から始める

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人と接するには、まずは共感から始めることが大切であるとも言われています。なぜなら、自己愛性人格障害の人は自己愛が高いために、自己中心的な考え方になってしまうことから、人付き合いが上手くない人が多いからです。

このような自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人との接し方のコツは、決してからかったりせずに、自分よりも「目下」であるというような扱いをしないことです。お世辞までを言う必要はありませんが、相手を立ててあげると良いでしょう。

また、相手が理想などを語るときにも、決して否定をしないようにし、聞いてあげる側に回るのがポイントです。このように共感をこめて接することにより、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人に「味方」であると認識されるため、余計なトラブルが起こらないようになるからです。

問題を客観的に捉える

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人と接するには、問題を客観的に捉えることが重要です。自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人の言動や行動に悩まされている人にとっては、悪口を言いたくなったり、避けたりしたくなるかもしれません。

しかし、このような攻撃的な態度を取ってしまうと、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人との関係性は、修復不可能なものとなってしまうおそれがあります。このようなことに発展しないためにも、相手を尊重し誠実に接しつつ、問題を客観的に捉えられるようにすることが重要です。

問題を客観的に捉えて接するようにすれば、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人の気持ちも落ち着き、関係性の悪化を食い止めることができるからです。そのため、何か問題があった場合には、まずは客観的に捉えられるようにし、相手の立場や状況などを踏まえて、適切な対応をするようにしましょう。

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の治療

精神療法

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の治療法の1つとして、精神療法というものがあります。しかし、精神療法の治療の進展のためには、患者本人が自己愛と決別する必要があるため、とても困難な方法であるとも言われています。

なぜならば、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、自分で自己愛性人格(パーソナリティ)障害ということを自覚していない人が多いからです。また、年をとればとるほど、状態は悪化するといわれており、その理由には心理療法にはまずは自分の欠陥を受け入れることが重要であるため、年齢を重ねれば重ねるほど、自己肯定感が増してしまうからです。

また、自己愛性人格(パーソナリティ)障害を自己洞察するのは、不可能であると言われています。なぜなら、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の起源は言語などが成立する以前にあると言われており、すでに内部で自明のものとして働いてしまっているため、自分の考え方が自己愛性人格(パーソナリティ)障害であると認識することができないからです。

このようなことから、すでに人格形成期(幼少期)に歪んだ方向に成長してしまった人格障害は、おそらく一生治ることはないとまで言われています。また、この原因は前頭葉に問題があるとも言われており、それ故に治療が困難であると言われています。しかし、本人に自覚症状があり、努力して治したいと思う場合には、有効である可能性もあるため、一度試してみることをおすすめします。

薬物療法

自己愛性人格(パーソナリティ)障害の治療として、薬物療法というものもあります。このような精神病患者にとって一番有効なのは精神療法であるため、即効性は期待ができないものの、今現在悩んでいるような症状をやわらげ、当面の危機と乗り越えるためには有効な方法であると言われています。

このような薬物療法の場合には、その症状に合わせて適切な薬が処方されます。主に使用されるのは、安定剤や抗うつ剤であると言われており、以下のような種類があります。

・抗うつ薬
気持ちの落ち込みが続くときなどに用いられ、主にセロトニンなどの神経伝達物質を調節する成分が配合されているものを用います。

・抗不安薬
不安や焦り、イライラ感などが強い場合に用いられる薬で、依存性や乱用などの衝動的な行動を増す恐れもあるため、注意が必要な薬です。

・抗精神病薬
主にドーパミン系の神経に作用し鎮静させる効果があります。自傷行為などが強くみられる場合にのみ使われる薬です。

・気分安定薬
うつ病、躁病などの改善や、躁うつ病の予防のために用いられる薬です。

不眠症
睡眠薬や抗不安薬が用いられますが、依存性が高いため長期間や大量摂取などの服用は禁止されています。

・過食傾向
過食の傾向がみられるときのみ、適切な薬を処方します。

これらは、あくまでも治療の一環として処方されますが、あくまでもつらい症状を軽減させるための対処療法になります。そのため、必ず精神療法も併用して行われることが多いと言われています。

なぜなら、自己愛性人格(パーソナリティ)障害そのものを、薬で治すことはできないからです。また、抗不安薬は症状に対し即効性があるものの、依存性や抑制解除作用が出るおそれがあることから、なるべく使用は避けた方が良いと言われています。

家族療法

自己愛性人格(パーソナリティ)障害を持つ人がいる家庭では、その親もまた自己愛に対して何らかの問題を持っている可能性があると言われています。そのため、家族療法で家族全員が患者とともに治療を進めていくのは、非常に望ましいことであると言われています。

また、患者にとっての一番親密な関係の人は家族であることから、家族が患者の問題を一緒に克服できるように援助することは、家族の学びともなるためとても有効であると言われています。また、患者の治療が長引くことにより、家族までもが精神的に疲労を感じることから、その家族を含めた上で治療を進めていく「家族療法」が必要であると言われています。

家族療法の具体的な方法としては、個別面談、家族面談、グループ面談などがあり、そのケースによりさまざまなプログラムを受けることができます。個別面談では、それぞれの性格や悩みなどを担当医師が把握することによって、家族全員の心の負担を減らすことができます。

また、家族面談やグループ面接では、他者とディスカッションをすることによって、新しい家族の連帯感や家族同士の連帯感などが生まれるという期待ができます。このようなことから、家族療法はどんな患者や家族でも効果を期待することができるため、自己愛性人格(パーソナリティ)障害には有効な方法であると言えるでしょう。

夫婦療法

夫婦間で自己愛性人格(パーソナリティ)障害のトラブルが現れる場合には、夫婦で問題を解決していく夫婦療法があると言われています。自己愛性人格(パーソナリティ)障害の特徴でもある誇大な自己愛を抱えている人は、中年期以降などに夫婦関係に問題が発生することが多いと言われています。

これは、お互いに長年溜め込んでいた不満が爆発することにより、発生するトラブルであると言われており、夫婦のどちらかが自己愛性人格(パーソナリティ)障害であるために、熟年離婚に至るケースも多いようです。そのため、熟年離婚などの危機に面している人は、一度自己愛性人格(パーソナリティ)障害を疑う必要があるかもしれません。

入院治療

自己愛性人格(パーソナリティ)障害を治す方法としては、通院以外にも入院治療があります。しかし、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の患者は、その障害の特徴から入院治療の効果に誇大な期待を持ったり、院内のスタッフを自分の思い通りに動かせる存在とみなしたりする傾向があります。

そのため、入院治療を進めたものの、自分の思い通りにならない場合には、強く反発して問題行動を起こしたり、スタッフとの関係性にも問題が生じるなど、トラブルを起こすことが多いと言われています。このようなことにならないためにも、入院治療を進める前に、治療の枠組みなどをきちんと決めておく必要があります。

また、このような入院治療のメリットとしては、以下のようなものがあります。

・患者の実態を把握することができる
入院生活において患者がみせる行動の多くには、その心が反映されていることが多いため、治療スタッフは患者の実態を把握することができます。

・病院内の出来事を治療に活かすことができる
患者の行動や対人関係などから、病理を読み取ることができるため、それを患者自身に理解させたりなど、治療に活かすことができます。

ただし、最低限の入院規則を守れない人は、入院治療を受けることはできません。しかし、このような規則を守ることや、治療スタッフと人間関係を築くということは、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の治療をするにあたり、大きな意味があると言えるため、集中的に治したいという人の場合には、最適な方法であると言えるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。自己愛性人格(パーソナリティ)障害の特徴から原因、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人との接し方や障害の治療方法までをご紹介してきました。自己愛性人格(パーソナリティ)障害とは、その態度や反応とは裏腹にありのままの自分を愛せない人が陥る精神障害であることがわかりました。

このような自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人の主な原因は、幼少期の養育環境であると言われており、そのほとんどが両親との関係を健全に築けていないことであると言われています。また、自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人の親も、何らかの人格障害を持っていることが多いために、家族内においてはこの自己愛性人格(パーソナリティ)障害を見抜くことが困難であると言われています。

しかし、このような自己愛性人格(パーソナリティ)障害の人は、日常生活において他人にとても悪影響を及ぼすことが多いことから、接する人によってはモラハラであると感じることも多いため、注意が必要であると言えるでしょう。

また、被害者となってしまっている人も、このような自己愛性人格(パーソナリティ)障害の特徴や接し方を知り、うまく付き合っていく方法を見出す必要があるでしょう。このような自己愛性人格(パーソナリティ)障害は、現在ではざまざまな治療方法があると言われています。

治療方法としては精神療法が主な方法であると言われていますが、実際には患者自身がきちんと自己愛性人格(パーソナリティ)障害であることを自覚していない場合には、あまり意味がないと言われています。そのため、個人的に治療を進めるのではなく、家族ぐるみで治療を進める家族療法がもっとも有効な治療法であると言えるでしょう。