老化予防にも!ナノ水素水の特徴と選ぶ理由は

老化と病気を予防する水素水の中でもより効率的に取り入れたいならナノ水素水がおすすめです。でも、何が違うのでしょう?ナノ水素水の種類や特徴についてまとめました。おすすめのナノ水素水もご紹介します。

注目されるナノ水素水の魅力

老化予防にも!ナノ水素水の特徴と選ぶ理由は?おすすめ人気商品6選

わたしたちの体内には日々、活性酸素が発生して細胞を傷つけます。紫外線による光老化も活性酸素の仕業です。ストレス、たばこ、暴飲暴食、激しい運動など様々なシーンで病気や老化を引き起こす活性酸素が発生しているのです。

その活性酸素を無害化する力がポリフェノールやビタミンEなどよりもパワフルなのが水素です。水素を手軽にと入れられる水素水が人気です。その中で、ナノ水素水というのがあるのをご存知ですか?

水素濃度が高い?ナノ水素水とは

水素水は体内の活性酸素を無害化して酸化を防いでくれる水素を豊富に含んだお水です。その中でもナノ水素水が水素濃度が高いと注目されています。ナノ水素水にはその製法によって2種類に分かれます。

水分子をナノ化させたナノ水素水

老化予防にも!ナノ水素水の特徴と選ぶ理由は?おすすめ人気商品6選

ナノ水素水を作る方法のひとつは水のクラスターを小さくナノ化して、水素を含ませる方法です。水の分子が小さくなることでより多くの水素を含ませることができるため高濃度の水素水になり、水素が抜けにくく安定するそうです。また、体内への吸収もよくなるそうです。水をナノ化させる時には特殊なフィルターを使用します。

水素の気泡をナノ化させたナノバブル水素水

市販の水素水を作る時、炭酸水を作るように圧力をかけて水に水素を含ませます。この時、水素の泡を小さくナノ化してより多く水に溶けこませるのがナノバブル方式です。高濃度の水素水が作れるだけじゃなく、水中で安定するため蓋をあけたとたんに水素が一気に飛んでなくなってしまうようなことが防げるそうです。

水をナノ化したナノ水素水

水素の抗酸化作用で老化や病気を予防するためには水素水を飲むのが手軽でおすすめです。水をナノ化したタイプのナノ水素水は、高濃度の水素が飲めるだけじゃなく、クラスターが小さくなっている分、味がまろやかになるという嬉しい特徴もあります。おいしい水素水で健康や美容、アンチエイジング対策ができるのです。

ナノ水素水アクティ(Aqti)

特許技術で水素を逃さない

ナノ水素水アクティは、超微細孔フィルターで水をナノ化してから水素を充填したアルミパウチタイプの高濃度水素水です。特許技術で長時間水素を逃がしません。たっぷりと飲める550mlサイズです。水は富山県立山連峰の地下天然水を使用しています。モンドセレクション金賞受賞歴があります。

口コミ・評判:効果は長い目で

・便通が改善したことと少し太りにくくなったようです。
・飲みすぎた時に水素水を飲むと楽になります。
・半年ほど飲み続けて季節の変わり目に体調が落ちなくなりました。
・利尿作用を感じます。むくみにいいようです。

飲みやすくて美味しいという味の口コミが多いです。長期間飲んでいる人の口コミがあまりないのですが、利尿作用や汗をかくようになったり、朝が楽になったなどの口コミがいくつかありました。ピンクのパッケージが女子ウケしているようです。

ナノ水素水 キヨラビ(kiyorabi)

業界トップクラスの水素濃度

特殊技術のSPGフィルターで水をナノ化し、高濃度の水素水を実現しているのがキヨラビです。充填時の水素濃度は1.23ppmで、アルミパウチ式の容器で水素を逃しません。お水は名水百選に選ばれている熊本県菊池市のおいしい天然水を使っています。

口コミ・評判:朝元気に起きられる

・健康食品ではアレルギー反応が出るのですが水なので安心です。
・水素水を飲むと、朝が違います!
・便通、おならの臭い、血圧、いろいろ改善されてます。
・疲れた時やゴルフのプレイ中に飲んで体力を回復させてます。

キヨラビの口コミでは、朝が楽になった、便通が改善したという内容が多く見受けられました。500mlタイプではあとで飲むために空気が入らないように上手にフタを閉めるのが慣れるまで難しいようです。疲労回復効果を実感する人も多いようです。

ナノバブル方式のナノ水素水

ナノバブル水素水では水素が安定しているため、パウチを開けて空気に触れてもすぐに逃げていかずに水素が水の中にとどまってくれると言われています。水素水というと、急いで全部飲まなくちゃと焦りがちですが、ナノバブル水素水なら他の水素水に比べて落ち着いて飲むことができそうです。

千寿の水NEO

250mlだから飲みきれる高濃度水素水

マイクロ・ナノバブル製法を使用したアルミパウチの水素水です。充填時の水素濃度は科学的に証明されている水素が溶ける最大値の1.6ppmという高濃度です。アルミパウチは4層構造のため水素を逃さない気密性に優れています。

水素水の商品は300mlや500mlで一気に飲めないサイズが多いですが、千寿の水は250mlなので開けてすぐに高濃度の水素水を飲みきれます。水は霧島山水系の天然水を使用しています。モンドセレクション金賞受賞の水素水です。

口コミ・評判:飲みきりサイズが好評

・色々試した中一番気に入っている。飲むと朝すっきり起きれます。
・飲みきりサイズで丁度よく、身体が軽く感じます。
・飲むついでに顔や肌の荒れているところに数滴つけています。
・青汁からこの水素水に変えましたが同じ効果が得られました。

250mlで一度に飲みきれるサイズなのが好評です。身体への効果は実感できる人ばかりではありませんが、期待して飲み続けようと考えている人が多く、身体が軽く感じるというコメントが多くありました。味としてはすーっと飲める美味しさの水素水のようです。

浸みわたる水素水

シリカも摂れる高濃度水素水

浸みわたる水素水は、マイクロ・ナノバブル製法で水素を高濃度に溶存させたアルミパウチタイプの水素水です。2.2~2.8ppmで充填することで飲む時に最大溶存量の1.6ppmになるようにパッケージされています。パウチは4層構造で水素を逃がしません。

水は熊本県菊池の天然水を使用しています。浸みわたる水素水には皮膚や髪などの再生に必要な注目の美肌ミネラル、シリカも多く含まれているのが魅力です。

口コミ・評判:利尿作用でむくみ解消

・肌がすべすべしてきてお化粧のノリがよくなりました。
・悩んでいた麻痺のある足のむくみがかなり解消されました。
・少し飲みすぎた後に水素水を飲んでおくと二日酔いになりません。
・尿の量と発汗量が増えました。

利尿作用とむくみ解消に関する口コミが多く、なんとなく元気になったという人も多く見受けられました。口コミ数がとても多く、人気の水素水であることが伺えます。500mlは飲みきれないという人も多く、300mlタイプが飲みやすそうです。

ナノ水素の入浴剤

水素水は飲料水として飲むだけじゃなくお風呂でも利用できます。水素風呂は、皮膚の表面の活性酸素を取り除けるし、水素は極小分子のため皮膚からも吸収できるメリットがあります。また、風呂に充満した水素を呼吸によって吸い込むこともできるため効率よく水素の恩恵を受けることができます。ナノ水素入浴剤をご紹介します。

ナノ水素スパ

水素を大量に発生し3時間持続する

ナノ水素スパは粉末状の入浴剤です。200リットルのお湯に添付の専用スプーンで2杯(50g)をお湯にいれるとすぐに水素を発生し、3時間効果が持続します。皮膚刺激性試験などで安全性は確認されているそうです。アトピーや敏感肌の人も使えます。ナノH2スパは同じものです。

成分:硫酸Na、炭酸水素Na、塩化Na、窒化ホウ素、炭酸Mg、炭酸K、クエン酸Na

口コミ・評判:身体ポカポカ、お肌ツルツル

・アトピーですが、身体がよく温まり、肌もすべすべになります。
・入れるとお湯が柔らかくなり気持ちいいです。
・発汗がすごく、肌が本当につるつるになります。
花粉症の目のかゆみ、鼻水が少し緩和されました。

とにかく口コミで多いのが身体がポカポカと温まるという内容です。汗がすごく出るという内容もありました。湯上がりもずっと温かいそうですし、乾燥にいいという口コミもありましたので、冬におすすめかもしれません。

H2パフォーマンス バスコスメティック

ナノバブル化した水素が働く

H2パフォーマンス バスコスメティックは、マイクロナノバブル水素をお湯に入れて数秒で発生させるナノ水素入浴剤です。ナノバブル化したことで水素がお湯の中に安定して溶存し、4時間ほど効果を持続します。

ナノ化したことで効率的に皮膚から水素を吸収することができます。水素水を飲むように体内に水素を取り込むことができ、さらにお肌や髪の美容と健康をサポートしてくれます。

成分:硫酸Na、クエン酸、水素化Mg、スクワラン、アスコルビン酸、加水分解コラーゲン、トコフェロール、シリカ

口コミ・評判はまだありません

まだ、口コミはありませんが、成分を見ると全身でつかる美容液というコンセプトの通り、水素の他に、スクワランやコラーゲン、流行のシリカも含まれていて、美容に関心の高い人に今後選ばれていきそうです。贅沢な水素入浴剤です。

健康と美容のためにナノ水素水

老化予防にも!ナノ水素水の特徴と選ぶ理由は?おすすめ人気商品6選

ナノ水素水についてご紹介しましたがいかがでしたか?お水を飲むだけ、お風呂に入るだけでポリフェノールよりも効率的に活性酸素を無害化してくれる水素水は、便利でありがたい存在です。

中でもナノ水素水は高濃度の水素を摂取することができるので効果も実感しやすいのではないでしょうか。水素は続けることが大事なので価格がやや高いのが若干ネックにはなりますが、将来の自分の健康と美容のためにナノ水素水を利用してみてはいかがですか。

介護保険の認定調査で重要な3つのポイント

介護保険の名前は聞いたことがあっても、認定調査については知らない方も多いのではないでしょうか。認定調査は介護度を決める重要なもので、のちに受けられるサービスも異なってきますので理解と準備が必要なようです。

介護保険の認定調査は必要不可欠

介護保険の認定調査で重要な3つのポイント!手順や準備も解説します

介護保険を利用する上で、必ず必要になってくるものがこの認定調査と呼ばれるもののようですね。認定調査は本人とその調査員とが直接会って、現在どのような助けが必要なのか、また出来ることはどのようなことなのかを面接して要介護1−5、もしくは要支援1−2のどの段階に当てはまるのか判断されます。

この介護度によって、どのような福祉サービスが受けられるのか、どのような福祉用具がレンタルできるのかなどが異なってくると言われるものです。この認定調査は、市町村に申請を出すと認定調査の日時などについて連絡を受け取り本人と面接するシステムとなっています。

ではどのような準備が必要なのか、システムの詳細やチェックポイントについてご紹介ししていくことにしましょう。

介護保険の認定調査・4つの流れ

では具体的に認定調査とはどのような流れで行われるのでしょうか。なかなかその過程などに関しては、知らない方も多いのではないでしょうか。詳しくお話ししていくことにしましょう。

まず、市区町村への申請

まずは居住地の市役所の介護・高齢福祉課というところまたは地区市民センターで申請を行う必要があります。申請に必要な申請用紙は、市のホームページからダウンロードできるところもありますが、申請場所でもらうことも可能です。ご自分で行けない方は在宅介護支援センターもしくはケアマネージャーに代行をお願いすることも可能なようです。

気になるのは申請の際に必要なものですが、介護保険証と印鑑、申請用紙を持っていきましょう。その場で申請書を書く予定の方は、主治医の名前を記載する欄があるので覚えておくことも大切ですね。申請書に認定調査の希望日などを記載する場所もあるので、あらかじめ決めておくのが良いでしょう。

認定調査員の訪問を受ける

認定調査員は自宅もしくは、病院や施設に訪問してくれることもあります。身体的な状況の把握や、理解度などをご本人から聞き取り調査するためです。見栄を張ったり、痴呆などが原因で出来ないことを出来ると言ったりすることがあるので、必ず身近な人が同席して、訂正することがあればあとで別室でしっかりと伝えることが大切です。

審査判定を待ちましょう

認定調査の結果と主治医からの意見書を元に、医療・保健・福祉の専門家により介護度の判定が行われます。また介護認定期間も同時に決定されるようです。認定機関は大抵は6ヶ月ですが、異なることもあるようです。

認定結果の通知されれば介護保険が使える

市役所などでの申請から約1ヶ月ほどで認定結果が通知されます。新税の際に一緒に提出した介護保険証に、介護度が記載されて送られてきます。また、ケアマネージャーと呼ばれる福祉サービスなどのケアプランを立ててくれる居宅介護支援事業所の一覧表も一緒に送られてくるので、その後のケアプランをどこにお願いするか検討するときに役立てましょう。

認定調査を受ける前の3つの準備

この介護保険の認定調査と呼ばれるものは重要なものですで、十分な準備が必要なもののようです。しかしどのような準備をすればいいのでしょうか。普段から心がけておくこと、事前の準備など、お話ししておくことにしましょう。

事前に認定調査の項目を確認しよう

介護保険の認定調査で重要な3つのポイント!手順や準備も解説します

実際のところ、介護保険の認定調査とはどのようなことを聞かれるのか、どのような項目を判定材料に用いるのかというのが皆さん疑問に思うところではないでしょうか。オンラインや本などで介護保険認定調査テキスト、もしくは介護保険認定調査票で調べると実際の調査項目を見ることができます。

事前に内容を知っておくと、普段の様子のメモや特に調査員に伝えておきたいことなどが整理できるのでいいですね。調査員の質問内容も見当がつくと慌てず正確に対応できますし、正確な介護認定の判定にも繋がりますね。

普段の本人の様子をメモしておく

認定調査ではご本人の普段の様子や、ご自分で出来ることと出来ないことを聞いたりして、調査票に記入しの地の介護度判定に用います。しかし、出来ないことを出来ると言ったり、出来ていないことを認識していない方も中にはいらっしゃいます。ですから、普段の様子を日付を含めてメモに残しておくことで伝え忘れたり、ご本人の答えの裏付けにもなっていいですね。

また、○月○日は××ができなかった、薬を飲み忘れた、などを詳細に書いておくと効果的ですね。頻度や内容も分かりやすく、調査員の方も判定しやすくなりますね。

日常生活で困っている事を具体的に整理

認定調査での聞き取り調査項目の中には、日常生活機能がどうかという項目もあります。
具体的にいうと、

1、歩けるか
2、食事が可能か
3、飲み込みに問題がないか
4、排泄動作は自分でできるか
5、洗顔や歯磨きなどの整容動作が可能か
6、更衣動作が可能か
7、外出が可能か

などの項目が設定されています。

これらについて、どんなふうに困っているかを具体的に整理しておくといいですね。例えば、椅子に座っての更衣動作なら可能です、時間はかかりますが食事の飲み込みも可能ですと言った具合なら判断しやすいでしょう。

認定調査当日の3つの重要ポイント

調査というとなんだかドキドキするものですね。特に、介護度を決める重要なものであるなら、なおさらです。ではその認定調査の当日に気をつけておきたい事柄やポイントについてお話しすることにしましょう。

普段の様子を正確に:オーバーに伝えない

介護保険の認定調査で重要な3つのポイント!手順や準備も解説します

認定調査には、調査員が質問などで判断した調査票と、申請の際に書いた主治医に意見書を求め、これらを総合的に判断して介護度が決定されるようです。ですから、オーバーに訴えたりすると、主治医の意見書と合わずに再調査なることもありますので普段の様子を正確に伝えましょう。

必ず家族が同席:重要なことも必ず伝える

人によっては調査員に対して見栄を張って、出来ないことを出来ると言ってしまったり、重要なことを伝えられない場合もあります。また認知症がある場合などにはご自身の状態が判断できず、間違った介護度判定に繋がることもないわけではありません。

必ず家族も同席し、情報が正確でなかったり付け加えることなどがあれば、本人への調査後に別室で普段のご本人の様子を伝えるようにしましょう。調査中、ご本人の前で違っていると指摘したりするとご本人の気持ちを傷つけたりしてしまうこともあります。

何が困っているか具体的に伝える

はい、いいえだけの答えだけでは不十分な説明になることが多く、どのように動きにくいのかどんなふうに不都合があるのかなど具体的に伝えることが大切なようです。調査では体の不自由さを最初に確認されます。手足や関節に動きにい部分がありますか?などの内容ですが、「膝が曲がらないので、浴槽の椅子に腰掛けられない。」などのように具体例を挙げると効果的です。

これらの内容は調査員が文章で記入するところがあるようです。判定の際にも考慮されるようですよ。

介護度がどれくらいかを判定前に知りたい

介護度を決める認定調査をする上で気になるのは、ご自身の家族や知人などがどのくらいの介護度になりうるのかというのが気になるところですね。事前にどのくらいかという検討はつけておきたいという方も、いらっしゃるかもしれません。

介護認定調査シュミレーションで見る

インターネットなどで検索すると、介護保険認定調査のシュミレーションができるサイトなどを探すことができます。日常生活の基本動作・起き上がる・歩く・片足立ちや爪切り・視力などについて出来る出来ない、支えがあれば出来るなどの3−4段階もしくは聴力・視力に関する5段階程度チェックを入れます。

他にも移動や行為動作などの生活能力・認知・物忘れなどの社会的行動能力、内服や買い物・調理などの社会適応力、点滴や人工呼吸器などの医療行為が必要かどうか、などに関する質問にチェック項目を記入することで、どの程度の介護度になるのかを事前に推測することができます。

事前に知識があると認定調査がスムーズ!

介護保険の認定調査で重要な3つのポイント!手順や準備も解説します

いかがでしたか?介護保険の認定調査は介護度を決めるもので、その介護度により利用できるサービスなどが異なってくるようですから、非常に重要なもののようですね。事前にそのシステムや内容、準備しておくことなどに関してもあらかじめ知っておくとスムーズに事も運びそうです。

また、重要なポイントを押さえておくと、介護度が低く判定されたりといったことも防ぐことができます。一連の流れや認定調査でどのようなことを調べているのかなど、よく知ることで落ち着いて予測することができるのは、ご本人にも、またご家族にとっても大切なことなのではないでしょうか。皆様のお役に立てたなら幸いです。